実践ビジネス英語

Lesson 9 (1)_insight と into

先日、梅田のグランフロント大阪にジェラートショップを見つけたので、思わず買ってしまいました(写真はそのショップではありません)。あいにく、満席でしたのでカップに入れてもらって、すれ違う人の目線を気にしつつも、歩きながら食べました。白桃とピスタチオのダブルです(フルーツ系は外せない!)。

今日から8月号をとりあげます。2016年8月号のLesson 9 Technology with The human Touch (1) です。

以下引用部分はNHK実践ビジネス英語2016年8月号テキスト及びCDを参考にさせて頂きました。

 


  1. Insight into

They offer so many valuable insights into American society.

insight。この単語を私は全く使えていないです。以前フィリピン人の英語の先生のレッスンを受けていて、日本のある事柄について説明していて、その先生から”Thank you for your insight…”と言われて印象に残っていた単語だったのですが…今後は使って見ようと思います。一緒に使う前置詞はintoですね。これも忘れずに。

 


  1. Ditto for me.

類似表現はいっぱいありますね。その中でも私は、go for が好きです。ある事柄が~にも当てはまるという場合に使います。go double forで大いに当てはまるという意味です。

 


  1. What makes Americans tick

I’ve learned all sorts of things about what makes Americans tick and what the hot topics of the day are.

what S+VはLesson 8(1)でも採り上げました。ここでは、whatが主語になっており、what以下はaboutの目的語ですね。whatの塊は様々な形で応用されますね。tickですが、時計の針のチクタクのtickですね。時計の秒針程度のトルクで人を行動させると言えないのでないかとも思いますが、時間が永遠に進んでいく事を思うとそうでもないのかもしれませんね。

Lesson 8(1)はこちら

 


4. Bad vibe

Two of the guilty parties just got promoted, which has led to tension and bad vibes in the office.

このvibeですが、なんとなく使いにくい単語です。意味は分かるのですが。実は、4月号にはこんな使い方が登場していました。

 It’s catch, and it has a nice gender-neutral vibe. Yes, it has a pleasant ring to it.

(2016年4月号42ページ)

 さらに、このring to itに関連して、

 It has a nice friendly feel to it.

(2016年4月号12ページ)

 vibe, ring, feelの違いが良く分からず、細かいニュアンスの違いはあると思いますが、同じような意味で用いられているのでしょうか?

 


5.あとがき

明日から3連休ですね。私は海へ行ってきます。マリンスポーツできるかどうかわかりませんが、ドライブと海の幸を楽しんできます(^^♪

 


6. Extra Exercise

(1) Fascinating (adjective)

Greatly interesting, captivating attention, engrossing

  • Supporting words

Something/someone is fascinating. (as an adjective)

To be fascinated by something/someone (as a verb)

  • Dialogue

A: Look at this guy, sealing deals like he’s a natural born marketer!

B: Fascinating!

  • Feel/Nuance

It can mean captivating and be an expression of genuine awe and slight disbelief. But, because it’s a very over the top word it will often be used sarcastically, meaning something is not interesting at all or you disturbed someone. For example, when a co-worker makes you watch a silly YouTube movie, you can say “Fascinating! May I return to work now?” Meaning, it wasn’t interesting enough to be disturbed.

 

(2) A post  (noun)

Here, something published online on a blog or social media, an online posting. Also, a verb, to post, is to announce something publically, announce or publish something like a financial result or a PR statement.

  • Supporting words

Write a post about something/someone

‘To post something on a Facebook wall’.

  • Dialogue

A: We have to announce this to our clients!

B: I already wrote a post on our social media.

  • Other examples

‘Did you post it already?’

‘What’s your new post about?’

‘I’m posting our statement on the main page.’

  • Feel/Nuance.

It feels less formal but it’s widely used in many business branches and the news. To be more formal, you could also say ‘publish something on the social media’. Or also: announce, report, publicize, advertise or broadcast.

 

(3) An insight (noun)

The ability to gain an in debt understanding of something or someone

Understand something in debt and accurately, to see the true face of it

  • Supportive words

To gain insight into something

To have an insight on

  • Feel/Nuance

It’s suggested that insight is rather an intangible product of an intuition or natural intelligence rather than a product of rational thought and research; It suggests feeling rather than knowing.

  • Dialogue

A: What do you think about Company X?

B: Over the years, I gained quite an insight into how they do business, and I can tell they are solid and trustworthy.

  • Feel/Nuance

We’ll respect someone who has a good insight. ‘His insights are always valuable. He can see what no one else can’. Insight suggests knowledge above the general conscious level. It also often suggests the owner of the insight is right, he is correct if we don’t mention in the sentence if the insight was good or bad.

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 14 Moring Rituals (5)_副詞としてのBest

    先日カーシェアリングを経験しました。お借りした車は1500ccのディー…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (1)_使う機会があるかどうか condol…

    10月号が発売されましたので今日から解説を再開したいと思います。8月末…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 15(2)_蛍光灯は難しい

    皆さんは眼鏡をしていますか?コンタクトレンズでしょうか?それとも両方と…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 19(1) Remind+人+toです

    会社の同僚と飲みに行くときに是非参考にすべき記事があります。ダイヤ…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 17(5)_Locally sourced food

    私はリンガーハットの皿うどんが好きです。リンガーハットでなくても、皿う…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (2) Pick up onは使えますか?

    HISの純利益が97%も減ったという衝撃的なニュースを見つけました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 14 Morning Rituals (3) そ…
  2. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 14 Morning Rituals (5) そ…
  3. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (1) その1…
  4. メールマガジン

    2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (1) その2
  5. 入門ビジネス英語

    Lesson 38_プレゼン
PAGE TOP