Lesson 9 (2)_有給を取る権利がある be entitled to

この週末1泊2日で和歌山へ行ってきました。前から興味のあったSUPは今回は諦めました。海水浴も人が多かったのと、思っていた以上の紫外線の強烈さに躊躇して止めました。とりあえず、早めにチェックインしようと思って宿に到着したところ、他のゲストは全員キャンセルで、何と!貸し切り状態でした!誰も入ってこない温泉で海を眺めながらゆっくり堪能していきました。写真は海が見える部屋からのサンセットの写真です。偶然トンボも一緒に映っていました。とってもきれいで感動しました。

今日は2016年8月号のLesson 9 Technology with The human Touch (2) です。

以下引用部分はNHK実践ビジネス英語2016年8月号テキスト及びCDを参考にさせて頂きました。


 

 

1. Be entitled to

They think that if the boss expects them to answer his emails over the weekend, they’re entitled to do personal stuff online during work hours.

何かをする資格があるという場合に使えますね。これを観たときに、以前の同僚がその同僚に話していることを思い出しました。「○○さん、もっと有給取ればいいんですよ。権利ですから。」You are entitled to have a paid day-off. 皆さんは有給を十分とれていますか?様々な事情ですべて消化することは難しいでしょうか?私が以前勤めていた会社で、人事部長に「休み過ぎ」と言われたことがありました。月に1日程度のペースで有休をとっていたのですが・・・。風の噂では、その人はもういないそうです。

 

2.Get told off for

An office clerk gets told off for getting a haircut on company time, to which he says, “My hair grew on company time.”

叱られる理由の前に来る前置詞はforですね。blameやreasonも同じですね。前置詞は奥が深く難しいのですが、覚えて慣れるしかないですね。また、get told offで止まってしまうよりも、forを使うことができれば、理由も話せますし、短文のスピーキングから脱することもできますので、是非覚えて使えるようになりましょう。同時に、他の人が前置詞をどのように使っているか、使えていないかも意識して確認してみましょう。

 

3.On company time

勤務時間中に、ですね。on dutyでも良いでしょうか?アメリカの刑事ドラマなどを観ていると、さすがにon company timeとは言わないですね。また、非番はoff dutyで良いと思いますが、off company timeとは言いませんね。Heather Howardさんは次のように解説をされています。

44827953_m_rev1

On company time

During work hours, at a time we’re supposed to be doing company work. “She was making private phone calls on company time” for example. The opposite expression would be “on one’s own time”. “She should make private phone calls on her own time.” Or you could say “She should make private phone calls in her private time.”

 

 

 

4.Frame of mind

According to the columnist, chilling out that way can help put us in a creative frame of mind.

私にはなかなか使いにくい表現ですが、 Heather Howardさんの解説の様に、mental or emotional attitudeの代わりに使えば良いのですね。彼女の解説は以下の通りです。

9021690_m_rev1Frame of mind

A person’s frame of mind is their mood, their mental or emotional attitude.

For example, “She listens to music to get in a positive frame of mind.” I like to watch my favorite scenes from movies.

 

 

ちなみに、frameの発音に注意ですね。flameと勘違いされないようにlとrの音の区別を意識して練習しましょう。

 

5.Get someone off the hook

 I gotta say, I think that only gets people off the hook to a certain extent.

類似表現のget away withが7月号のLesson 8(2)で登場しました。これらはそれぞれ代わりに使うことができるのでしょうか?今度ネイティブの先生に確認してみます。

 

6.Keep something to a minimum

In any event, I always try to keep my private online time to a minimum when I’m at the office.

何かを最小限にすると言いたいときに使える表現ですね。

 

7.at hand

I like to focus on the task at hand.

目の前の、ですね。類似表現で、at one’s finger tipsを思い出しました。少し以前ですが、次のような例文でした。

I worry that with the world almost literally at their fingertips they could develop an unhealthy sense of entitlement.

(2016年1月号18ページ)

at handとat one’s fingertipsでは意味が違いますが、こんな風に使えるようになれば、相当スピーキングのレベルが高いですね。

 

8.あとがき

P1000407_rev2初めての場所に車で旅行に行くときは、計画と時間の管理が必要ですね。そして、今回もう1つ学んだことがあります。気に入ったお土産があれば、その場で買うということですね。1日目になかなか良いものを見つけたのですが、明日の帰り道なので、そして、他の店でも買えるだろうと軽く考えていたのですが、結局2日目に底に立ち寄ることもできず、他のショップで同じものを見つけることができず、ちょっと後悔しました。それでも、全体としては、美味しい海鮮三昧で良い旅行でした。

 

 

 

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  2. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. Lesson 13 Hoarding Disorder (5) 散らかったモノは…
  5. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 2 (5) 質問について、その重要性を再認識してみましょう

    本日は実践ビジネス英語2017年4月号Lesson 2 (5)です。…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 15(4)_Digitalはデジタル?

    マクドナルドと言えば、私が子どもの頃はご馳走でした。母の実家から自宅ま…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (5)_靴の中に入りたいほどうらやましい

    子どもの頃に食べたそうめんに色がついたソウメンが数本入っていて、姉妹で…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 19(2) promoteはどう発音しますか?

    来年の2月には温泉宿に行こうかなと計画しています。旅館に着くと、たいて…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (1) 中途半端ですが・・・

    2016年7月号のLesson 8 Buy Experiences, …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 24 (2) 手っ取り早い解決策
  2. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 7_176-180
  3. メールマガジン

    2017年3月 Lesson 24 Golden Years (3) その2
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (2) 理由の後の前置詞はfor
  5. 2017年

    2017年4月 Lesson 1 First Impressions (1) そ…
PAGE TOP