Lesson 9 (4) 匿名か満場一致か

ランチは12時前後に食べるものですが、忙しくて食べ損ねて時計を見たら15時だったら、そこからランチを食べますか?食べると晩御飯に影響する時間ですし、空腹のまま耐えるのもつらいです。もっとも、15時ごろまで食べなければ、空腹感もなくなっているかもしれません。さらに、定食屋のランチタイムはすっかり終わっていて、コンビニには菓子パンしかなければ、皆さんはどうしますか?今日は私はそんな状況でした。結局、何も食べませんでした。

今日は2016年8月号のLesson 9 Technology with The human Touch (4) です。

以下引用部分はNHK実践ビジネス英語2016年8月号テキスト及びCDを参考にさせて頂きました。

 


1. Anonymous

 Social media lets people be anonymous and not take responsibility for their actions.

初めてこの単語に出合った時は、難しくてとても覚えられないと思いました。しかし、ある勉強会で、参加者の一人がこの単語を使って講師の外人に質問をしていたのをきっかけに覚えました。名詞は、anonymityです。私だけかもしれませんが、満場一致を意味するunanimousやunanimityと混同することがあります。また、発音にも注意が必要です。「アノニマス」と発音してしまいますと「二」が変に聞こえる可能性があります。CDやラジオをよく聞いて確認をして下さい。

 


2. That’s the way of the world

But that’s the way of the world these days, I’m sorry to say.

私はこういう表現が英語らしくて好きです。また、Heather Howardさんは次のように解説されているのですが、

36346011_s_rev1

Wu says, “But that’s the way of the world these days, I’m sorry to say.” That’s how things are, that’s how things are done. And we usually say this about things that are disappointing or upsetting but that’s the way it is. What are you going to do? For example, “People are often selfish or people often break their promises but that’s the way of the world.”

 

 

that’s how things are, that’s how things are done, that’ s the way it isはスピーキングに慣れてくると、この様に言えるようになると思います。

 


3. Crystal clear

And yet it’s crystal clear what they’re doing because social media often makes it easy to see how the person ignoring us is interacting with other people.

この表現は、かつてのオンライン英会話の先生に教えてもらいました。アメリカのドラマなどを見ていると、crystalと言っているのを聴くこともあります。

 


4. Get the heave-ho in that sort of peremptory fashion

Getting the heave-ho in that sort of peremptory fashion triggers our deepest fears of being abandoned.

難しくて使いにくい表現が登場しました。heave-hoは面白い表現ですね。これは何とか頑張って使えるかもしれません。しかし、peremptoryは発音も難しいですし、すぐに忘れそうです。Heather Howardさんは次にように解説されています。

58708084_s_rev1

McMillan says, “Getting the heave ho in that sort of peremptory fashion triggers our deepest fears of being abandoned.” To get the heave ho is to be expelled or to rejected. We also say, “give someone or something the heave ho”. But this is very informal and blunt so don’t use it to somebody’s face. Don’t ask them, “So, you got the heave ho at work?” It’s better for things like, “I cleaned out my desk today. Gave a lot of old papers the heave ho.” Or, “A hundred employees got the heave ho in their latest restructuring effort. It’s awful.”

 


5. It’s the coward’s way out

 It’s the coward’s way out, if you ask me.

Heather Howardさんの解説では、cowardlyが使われていますが、副詞のようですが形容詞なんですね。

 

6. On and on and on

Press 1 for English, press 2 if you have a question about your account, and on and on and on.

練習してスムーズに発音できるようにしておきましょう。類似表現にover and over againがありますが、ずいぶん前に、スタートレックを見ていた時にこの表現が登場しました。

 


6.あとがき

風鈴も涼しく感じるための工夫ですが、これを近所迷惑ととられると厄介ですね。まあ、気にしすぎかもしれませんが、狭い日本に住んでいると、隣のお家の音やにおいが気になるもので、自分も他人にそのように思われているのかなと気にしながら生活するのも嫌ですね(^^;

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5) 散らかったモノは…
  2. Lesson 3 (1) 丁寧な英語を目指しましょう
  3. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?
  4. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  5. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 21 (1) 偶然あの人にbump intoしました

    面白い記事を1つ紹介します。MAG2NEWS なぜ、不運なときほど…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 7 (1) stay at 基本は大切です

    弊社ではハイクオリティーなオンライン・レッスンを皆様にご提案しておりま…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (3) Defeatの気持ち

    スイスには日本にある便利なコンビニはありません。100円ショップはあっ…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 15 (5)_Bitがまた出てきた

    今日はちょっと衝撃的なニュースをとりあげます。ニューズウィーク こ…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 18(1)_食事の用意をするFix

    「独裁」と「独断」について興味深い記事があります。ダイヤモンドオン…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (2)_スタンダードに発音できないstand…

    先日の出張でヨーロッパ各国の方とお話をする機会があり、雑談をしていると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 3 (2) 単語が覚えられなくても別の語句や表現が使えれば良いと…
  2. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  3. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  4. 2017年

    2017年5月 Lesson 3 Fitting into a New Cult…
  5. メールマガジン

    2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (5) その1
PAGE TOP