実践ビジネス英語

Lesson 9 (5)_メッセージは伝わらない

新幹線に乗って座った時にまず何をしますか?私は座席の背もたれを倒します。その際に後ろに人が座っていれば、「倒してもいいですか?」と声をかけます。「ダメです」という返答は期待していませんが、何も言わないで倒すのはトラブルの元ですので、そのようにしています。反対の例もあります。先日、親子三人組が私の前に座りました、お母さんが子供2人に「これくらい?」とリクライニングを始めました。お母さんは、私に一言断ってくれたのですが、思いっきり倒してきました。「これくらい倒しても大丈夫ですか?」と、更に断ってくれましたので、「良いですよ」と返答しましたが、結構倒してきました。まあ、東海道新幹線は座席が広いので、気にはしませんでしたが、私が降りた後に乗ってくる人はちょっと困ったかもしれません。

今日は2016年8月号のLesson 9 Technology with The human Touch (5) です。

以下引用部分はNHK実践ビジネス英語2016年8月号テキスト及びCDを参考にさせて頂きました。

 

1. Message

The message too many firms are sending is, “We don’t want to talk to you.”

カタカナに引きずられて「メッセージ」と発音していては、伝わらないだけではなく、今後のリスニング力の向上にも影響してくると思いますので、できるだけ早く発音をマスターしましょう。注意点は2点です。「セー」と「ジ」に該当する音に注意してCDやラジオを聴いてください。また、辞書で発音記号を確認して下さい。「ジ」の箇所の音が発音できるようになると、同じ音の単語の発音も正しくできるようになると思います。

 


2.Machine

This might cost a little more than a machine.

ついでにこちらも気を付けましょう。「マシーン」と発音すると「シ」はsiと聞こえてしまいます。丁度shipではなくsipと発音しているようなものです。

 


3.minutes

When people email us, we have a policy of getting back to them within 10 minutes, max.

つにでにこちらも。複数形の語尾のsの音をしっかり出しましょう。子音が弱いとこれが聞こえない場合が多々ありますので。

 

 


 

4.run the risk of

Otherwise we run the risk of losing their goodwill and their business.

危険を冒すときに使う動詞はrunですね。

 


5.strike the right balance between

It all comes down to striking the right balance between the convenience of technology on one hand, and the warmth and authenticity of human interaction on the other.

バランスをとると言いたいときにこの表現を使いましょう。過去にも何度も出てきていますよ。動詞にstrikeを使います。かっこいいですね。私は他の日本人が使っているのを聞いたことはありません。strikeの代わりに、maintainやjuggleも場合によって使えますね。

 


6.on one hand, on the other

このWuのラインはまるまる暗記して使えるようにしたいですね。こんな教科書通り奇麗な一文はネイティブでも話さないかもしれませんが、きちっと話すことができれば、一目置かれると思います。

 


7.あとがき

新幹線の指定席の検札はつい最近まで行っていましたよね。この検札という作業は昔からある変わらぬやり方ですね。ネットで席を予約する事と車掌さんの検札作業もtechnology with the human touchと言えるでしょうか?ちょっと強引ですね(^^;

 


8.追記

Many customers find it faster and more efficient to contact companies by email rather than by phone, but this technology, too, needs the human touch.

fasterの発音に注意しましょう。「ファースター」だと通じません。最初のaの音はどんな音かよく確認をして下さい。そして、語尾のerの音と「ター」との違いもよく確認して下さい。

efficientは「エフィシエント」ではありません。CDやラジオを聴けば語尾は「シエント」とは聞こえないはずです。

 


9. Extra Exercise

 

(1) Human touch (phrase)

Definition

About things or situations: personal, cozy, homey.

About a person: friendly, warm, good in social situations

Dialogue

A: This campaign is so impersonal and sales oriented. We need to add a bit of human touch

B: I agree. Marketing these days is all about gaining customer’s trust.

Examples

‘It’s absolutely impossible to find anything in this chaos you call your desk.’

‘It’s absolutely incredible that he showed his face at a charity banquet after his last faux pas.’

 

(2) Crucial (adjective)

Definition

Critical, pivotal and of great importance; also, an element that is indispensable, sine qua non, necessary for obtaining something or making something work

Dialogue

A: Why do we need to this client?

B: He is crucial to the survival of this company.

Examples

‘It’s crucial that we start our campaign now. There’s no time to waste.’ – we need to do it now!

‘I’m missing a crucial ingredient to make this work.’

Feel/Nuance

Crucial introduces a sense of urgency and drama when talking about situations.

‘When facing a wild animal it’s crucial that you remain calm’.

In case of the crucial factors or items, we can sense they are precious, delicate or difficult to obtain/maintain.

 

(3) Proactively (adverb) Proactive (adjective)

Definition

Taking an initiative, rather than reacting to circumstances; acting in advance to deal with possible difficulty; doing something extra beyond what you are obliged to do, because you know it’ll prove necessary; predicting

Dialogue

A: I anticipate trouble with our newest campaign. The market research didn’t yield very promising results.

B: We need to approach it proactively. Let’s think outside the box and see what we could change to make it work.

Examples

‘I love my secretary, she is very proactive and always anticipates my needs’.

 

Being proactive has a positive meaning. Good employees are expected to think outside the box and take an initiative. The employee that does the bare minimum which he is obliged to do is not considered very good at his job.

 

(4) Absolutely  (adverb)

Definition

With absolute certainty, beyond doubt

Dialogue

A: Will it be ready by Tuesday? We’re on a tight schedule.

B.: Absolutely! I’m on it!

Feel/Nuance

It’s another ornamentation that expresses readiness to do something or full support for something. It suggests high energy, vigor, and conviction something can and will be done, or will happen.

 

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  2. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (1)_中途半端ですが・・・

    2016年7月号のLesson 8 Buy Experiences, …

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (5) 肉食系?草食系?

    MAG2NEWSでラッピングの記事が取り上げられています。再生回数…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (5)_支払いに送れる

    とうとうSUPをやってきました。琵琶湖で。道具一式をレンタルして3時間…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 14 Moring Rituals (3)_Firm believerと言っても迷信を…

    先日九州の小倉へ出張してきました。駅ビル直結のホテルに泊まりました。お…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 19(4) 陪審員はまだ戻ってきません

    こんなことを書くと歳がわかってしまうかもしれませんが、私が小学生になる…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 12 Graying America (3)_Necessarilyの発音

    まだまだ暑いですが、それでも何となく秋の雰囲気を感じますね。秋は好きな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (3) その1
  2. 入門ビジネス英語

    Lesson20_出張中です
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (1)_使う機会があるか…
  4. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder(2) …
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 16(4)_前置詞onの使い方の例
PAGE TOP