メールマガジン2016年8月号

2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (1)その1

実践ビジネス英語でスピーキング

NHK実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (1)で解説されています最初の4つの語句です。

 

 

 
 

 

1. Everybody has their own idea of…

Ueda says, “It seems everybody has their own idea of what the ideal balance is.”

Everybody has their own opinion, their own feelings about how something should be, about what constitutes a certain thing.

Everybody has their own idea of success, for example. For some people it’s a high powered career, for other people, a job that contributes to society.

Likewise, everybody has their own idea of happiness.

 

 

 
 

 

2. Hard to say

Nissen says, “I’ve always found it hard to say, just what the best work life balance is.”

Here hard to say means difficult to know, hard to judge.

Things like, “It’s hard to say why the company discontinued that product. Sales weren’t great but they were steady.”

 

 

 
 

 

3. Depending on

Nissen says, “It’s varied over the years depending on what work I’m involved with or what’s happening in the rest of my life.”

Depending on means one thing will determine what happens with another. Something hinges on something else.

For example, “The company picnic will be this Saturday or next Saturday depending on the weather.” So the weather will determine when the picnic is held.

And we also say “depend on”. For example, “We might get
a raise this year; it depends on the company’s sales.”

 

 

 
 

 

4. Take someone by surprise

McMillan says, “Those things often take us by surprise.”

We use this when something happens that we didn’t expect, we weren’t prepared for it.

Such as “Mallory’s resignation took me by complete surprise. I didn’t know she was dissatisfied.” Or “The promotion took Steve by surprise. He didn’t know they were considering him.”

 

 

 

1は基本的な表現ですが、さらりと言えない人や言えないケースもあると思いますので、確実に覚えて言えるようにしたいですね。

2も同様ですね。difficult to
sayでも良いと思いますが。ちなみに、発音は大丈夫でしょうか。hard、heartそしてheardの違いは認識できていますか?不安な人は、辞書とCDで確認をしてください。

3は多くの日本人の口からききますね。比較的使いやすくなじみのある表現だといえると思います。

4ですが、be surprisedだけではなく、この表現も使えるようになりましょう。

 

NHK実践ビジネス英語2016年8月号及びCDを参考にさせて頂きました。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …

関連記事

  1. メールマガジン2016年

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (1) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  2. メールマガジン2016年

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (3) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  3. メールマガジン2016年8月号

    2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (3) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング NHK実践ビジネス英語のHeather…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン2016年

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (1) その2
  2. メールマガジン2016年

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  3. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 14_意外と難しい?apparelの発音
  4. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 30_ステレオタイプ
  5. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 15_前置詞はやはり難しい?
PAGE TOP