2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (1) その2

実践ビジネス英語でスピーキング

NHK実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (1)で解説されています残りの5つの語句です。

 
 

 

5. All one’s own

Nissen says, “Very true. Events have a logic all their own.”

If something is all one’s own, it’s unique to that person.

For example, “He has a fashion sense all his own.” – His own unique way of dressing. Or “She has a speaking style all her own. She emphasizes very unexpected words.”

 

 

 
 

 

6. Not about…

Grace says, “It’s not about an equal split between work and our personal lives.”

When we say something is not about… we mean this is not the goal, this is not the most important thing.

For example, “This campaign is not about making money. It’s about raising awareness for environmental protection.”

 

 

 
 

 

7. In the same light

Grace says, “It’s unrealistic to look at work and personal activities in the same light.”

When we look at something in the same light, we consider it in the same way, appraise it the same way as something else. And like the vignette, it’s often used in a negative construction.

Such as “You can’t view Mary and Jennifer’s achievements in the same light. Jennifer has a lot more experience. She’s had more time.”

We also say “in a new
light” and this means to see someone or something in a new way, reassess our opinion of them.

For example, “I didn’t know John was such a good negotiator. I’m seeing him in a new light.”

 

 

 
 

 

8. The way I see it

Grace says, “The way I see it, if people like what they do, there’s no reason to make a strict demarcation between the two.”

The way I see it means in my assessment.

You could say, “The way I see it, we should market our products mainly to young consumers.” Or, “The way I see it, Jesse is the best candidate for the job.”

 

 

 
 

 

9. Demarcation between…

This is a clear separation, as if establishing boundaries. The verb is “demarcate”.

For example, “We need to clearly demarcate everyone’s responsibilities to avoid confusion and conflict between the staff.”         

 

 

 

5は何となく使い難いと思っていますが、uniqueと言いたいときに使えそうですね。

6ですが、このaboutの使い方が難しくお思っておりましたが、When we say something is not about… we mean this is not the goal, this is not the most important
thing この説明で、わかったような気がします。実は、2016年7月号の52ページで、Life is not about the tangiblesが出てきました。ここで、aboutがなくてもいいのではと思っていましたが、上の解説の通り、The tangible is not the goal, not the most important thingと理解すれば、aboutの意味が理解できますね。

7は使える表現ですね。

8はこのテキストシリーズでよく出てきますので、覚えて使えるようにしましょう。

9ですが、この単語は私は知りませんでした。これを機会に覚えるようにします。

 

NHK実践ビジネス英語2016年8月号及びCDを参考にさせて頂きました。

 
 

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  2. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  3. 実践ビジネス英語にこだわっていません
  4. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  5. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?

関連記事

  1. メールマガジン

    2017年3月 Lesson 24 Golden Years (3) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  2. 2017年

    2017年7月 Lesson 7 Understanding the Millennials (1)…

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  3. 2017年

    2017年月6 Lesson 6 The Office of the Future (4) その他の…

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  4. メールマガジン

    2017年3月 Lesson 24 Golden Years (2) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 10 (5)_Ruleはfollow・・・
  3. 2017年

    2017年6月 Lesson 5 Fostering Soft Skills (…
  4. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 20 Food Market Trends (2)…
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (1) 使う機会があるか…
PAGE TOP