メールマガジン

2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (3) その1

実践ビジネス英語でスピーキング

 

NHK実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (3)で解説されています最初の5つの語句です。

 

 

 

 

1. Cynical

McMillan says, “As one of my more cynical and world-weary friends observes, the only way to achieve the perfect work-life balance is to be unemployed.”

Here cynical means believing that the world is basically a bad place; that people are selfish and dishonest, they don’t have good motives.

Imagine a company that supports environmental protection. If I were cynical, I’d say, “That company doesn’t care. They just want to look good.”

 

 

 
 

 

2. World-weary

A world-weary person is disappointed, disillusioned by the bad things in the world. They don’t expect people to be good or the world to be fair.

A world-weary journalist might be pessimistic about the future because of all the bad things they’ve seen and reported on.

People like this are also called “jaded”. Such as “Jaded voters rejected the candidate’s promises.”

 

 

 
 

 

3. Observe

Say something based on one’s observations, on the things we’ve seen and experienced.

Such as “John observed during the meeting that market conditions are improving.” Or “As Louis observed in his report, our customer satisfaction is falling.”

 

 

 
 

 

4. Hit the jackpot

Grace says, “In a way I feel sorry for people who hit the jackpot in the lottery.” She means winning a lot of money in a literal lottery.

But hit the jackpot can also mean get some really wonderful thing. Imagine someone gets a great new job. Big salary, big office, lots of perks. You could tell them, “Good for you. You really hit the jackpot.”

 

 
 

 

5. Be in control of

Grace says, “They’re in control of their lives and aren’t subject to the angst that makes so many people’s lives miserable and unfulfilling.”

When we’re in control of something, we determine what it does, we decide what happens to it.

For example, “He’s not in control of his emotions” or “She needs to get control of her finances.”

 

 

1と2はセットで覚えてしまいましょう。なお、2はテキストでは厭世的なと訳されていますが、厭世的なんて使う日本人はいるのでしょうか?少なくとも私の周りにはいません。

3はビジネス英語に必須の単語で、おなじみだと思いますが、発音だけ確認をしておいてください。[əbzə́ːrv]

4ですが、たしかに宝くじで1等当てたことだけを意味するのではなく、何かすごいことをやった時にも使えますね。

5はcontrolという動詞一言でも良いと思いますが、be in control ofを使う方が何となく英語らしいというか、ちょっとかっこいい様に思います。

 

NHK実践ビジネス英語2016年8月号及びCDを参考にさせて頂きました。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  2. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  3. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…

関連記事

  1. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 20 Food Market Trends (2) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  2. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 19 Wellness at Work (4) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  3. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (3) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 15 Embracing Sustainabil…
  2. 入門ビジネス英語

    Lesson 21_責任者出てきた!
  3. MINAMIの日記

    英語の勉強方法
  4. その他

    ブログ開始
  5. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 15 Embracing Sustainabil…
PAGE TOP