2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (4) その1

 

実践ビジネス英語でスピーキング

NHK実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (4)で解説されています最初の4つの語句です。

 

 

1. Back in Japan

Ueda says, “I stay up too late communicating with my friends and colleagues back in Japan.”

Here, back in refers to a previous place or time, somewhere we were before.

You could ask me, “How often do you visit your parents back in the United States?” Or “Back in the 1960s, nobody had a personal computer or cellphone.” Now I wasn’t alive in the 1960s but the world was there, people were there, that’s the nuance here.

 

 

2. I speak for all of us when I say

McMillan says, “I’m sure I speak for all of us when I say that you’re work performance has been excellent.” He means, I express everyone’s shared feelings, everyone feels this way.

It’s also common to say, “I can’t speak for everyone” or “I can’t speak for a particular person”.

Things like “I can’t speak for the whole office but I like our new boss. He seems smart and hardworking.”

 

 

3. For one thing

Ueda says, “For one thing, I’ve been feeling rather fatigued and listless.”

We use “for one thing” in a number of situations. It can mean, this is one thing among others to do or consider, it can also be one reason for something.

For example, “I think we should use this supplier. They’ve got a great reputation for one thing.” Or “I’ve got a lot to do today. I need to finish this report for one thing.”

 

 

4. Feel fatigued and listless

Fatigued means tired. Listless is having no energy, lacking motivation. Like we just want to sit or lie somewhere and not do anything.

For example, “That was a listless presentation. Is Jenny feeling alright?” Or “Sales are dropping in a listless market.”

 

 

1ですが、Back in the USSRはビートルズの曲ですね。backの発音に注意しましょう。[bǽk]です。

2は非常に役立つと思います。このテキストシリーズでもしばしば登場しています。私はこの表現を始めてみた時に、頑張って覚える努力をしました。今では問題なく言えます。

3のようなボキャブラリーを蓄えておくとスピーキングの幅が広がると思います。

4のlistlessは解説のような使い方も覚えておきましょう。「活気のない」という感じでしょうか。

 

NHK実践ビジネス英語2016年8月号及びCDを参考にさせて頂きました。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  2. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder (1)…
  5. Lesson 10 (4) 皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. 2017年

    2017年月6 Lesson 6 The Office of the Future (3) その他の…

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  2. メールマガジン

    2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (4) その2

     実践ビジネス英語でスピーキングNHKラジオ実践ビ…

  3. メールマガジン

    2017年3月 Lesson 23 Money Matters (1) その1

    「知る権利がある」と言う場合、どの動詞を使いますか? …

  4. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 20 Food Market Trends (1) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 4 (5) 一見難しそうな副詞も使えるように練習しましょう
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 7 (4) Inadvertentlyの発音はできますか?
  3. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (5) その2
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (1) 使う機会があるか…
  5. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 14 Morning Rituals (4) そ…
PAGE TOP