Lesson 38_プレゼン

私が通ったビジネススクールではプレゼンを学ぶ授業がありました。プレゼンテーションは、誰に何をプレゼンするかによってその方法が変わってくる奥の深いスキルだと思います。凝ったパワーポイントを使って行うのが良い場合もあるかもしれませんし、その反対の場合もあると思います。私は、1つのスライドには1つのメッセージというスタイルが好きです。「読ませる」プレゼンはあまり好きではありません。英語でプレゼンをする場合は、それ以前に、決まりきった表現をある程度覚えておく方が良いと思います。今月と翌月のテキストからはそのような役立つ表現をできる限り拾っていきたいと思います。

 


1. Spreadsheet

These spreadsheets look impressive.

表のことですが、エクセルを意味していることもあると思います。

 


2. Put ~ in the slide

Let’s put them in the slide.

知っていれば当たり前ですが、動詞のputを使えばこんな風に表現できます。

 

3. Information

Then the slides would contain too much information.

information [ìnfərméiʃən]の発音を間違えるとすれば、「メーション」でしょうか。不加算名詞であるということにも注意が必要です。informationsとは言いません。muchが前に来ていますね。

 我々が推奨している発音の参考書である「処方箋」の29ページを参考にして下さい。

 


4. Bar graphs and pie charts

The slides could be more attractive if we show bar graphs and pie charts instead of spreadsheets.

line charts「折れ線グラフ」も一緒に覚えておきましょう。

 


5. Suitable

52ページのSimilar Expressionsの1つ目の例文ですが、suitableは[súːtəbl]なのでaの発音がありません。

 


6. Come up with

53ページのPractical Business Phrasesの3つ目の例文ですが、catch up withと混同しないようにしましょう。「思いつくと」、「追いつく」ですね。catch up with emailをどこかで見たような気がします。たまったメールを処理するという感じでしょうか。

 


7. Words & Phrasesをマスター

❹addも上記のputと合わせて使い方を覚えておきましょう。

❺on page2もbreakdownも重要です。

❻recently [ríːsntli] riとliの音を意識して下さい。

❽employee

受験勉強をしている頃、eeやooは強く発音すると、教わった記憶があるのですが、[implɔ́ii]なので違いますね。employ [emplɔ́i]、employer [emplɔ́iər]の発音も一緒に確認をしておきましょう。

 


8. あとがき

この先、テキストで出てくるかもしれませんが、チャートや図を説明するときにon the left、on the right、in the middleも重要ですので覚えておきましょう。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 同じ先生が担当します!!
  2. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder (1)…
  5. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …

関連記事

  1. 4月号

    Lesson 1_Aggressiveとin

    前回で実践ビジネス英語の10月号が終了しましたので、11月号の準備がで…

  2. 2017年

    Lesson 2 ifを使った表現が2つ登場します

    弊社ではハイクオリティーなオンライン・レッスンを皆様にご提案しておりま…

  3. 入門ビジネス英語

    Lesson 13_ハウツーがあるならウェザーツーは何故ない

    「チープカシオ」についてなかなか興味深い記事がありました。ダイヤモ…

  4. 4月号

    Lesson 7_Upgradeの発音

    ドイツ銀行のニュースは皆さんご存知かと思いますが、下記のロイターニュー…

  5. 入門ビジネス英語

    Lesson 40_specialistかauthorityか

    先日和歌山旅行へ行ったときに、SUPをやろうと思っていたのですが、色々…

  6. 4月号

    Lesson 8_Get one’s name out知名度を上げる

    飛行機の機内食についてどう思いますか?出されると食べないと損という気持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 16(5)Put offとcall off
  2. その他の語句の解説

    2017年1月 Lesson 19 Wellness at Work (5) そ…
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 22 (5) mostは「モースト」ではありません
  4. 2017年

    Lesson 12 Staying Sharp (5) その他の語句の解説
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 21 (2) keep up withを用いて時代に遅れないように…
PAGE TOP