8月号

2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (5) その1

 

実践ビジネス英語でスピーキング

NHK実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (5)で解説されています最初の5つの語句です。

 

 

 

1. Back and forth

Grace says, “Emailing back and forth can eat up big chunks of your day.”

Moving repeatedly between two different points.

Things like “I went back and forth between my office and the marketing department all day.” Or “I keep going back and forth between these two job candidates. I can’t decide which one is better.”

 

 

2. Eat up a big chunk of…

In this case eat up means consume a lot of something. Like, “Rent and utilities eat up a lot of our monthly income” or “Correcting his mistakes eats up a lot of my time.”

A big chunk is a large amount or piece of something.

“I spend a big chunk of my day making phone calls” or “Laptop computers make up a big chunk of our sales.”

 

 

3. Boy

Nissen replies, “Boy is that ever true.”

Here, boy is an emphasizer.

Things like “Boy was that a long meeting.” Or “Boy am I tired.”

“Oh boy” and “Oh brother” are also very common. Things like “Oh boy that was a bad idea.” Or “Oh brother he will not stop talking.”

 

 

4. Is that ever true

That is very true. You could also use “ain’t it the truth” which of course is grammatically wrong but very common.  

If someone said, “Kyoto is so hot in the summer.” I’d reply, “Ain’t it the truth.”

 

 

5. Takes one’s time

Nissen says, “If you hold back and take your time to respond, the implicit message you’re sending is that you’re busy.”

To take one’s time is to act slowly or act at one’s leisure. Now this can be good or bad.

Imagine you ask someone to translate something. You tell them, “Please take your time. There’s no hurry.” But if someone is being very slow with the job, unnecessarily slow, I might say, “She’s taking her time isn’t she.”

 

 

1はなかなか便利な表現ではないでしょうか。

2のa chunk ofはこのテキストシリーズで何度か登場しています。使っている日本人には出会ったことはありません。

3のBoyはたまにドラマなどで聞きますね。

4の様な表現は、覚えて使う訓練をしておかないと難しいです。反対に使えれば、他の日本人から一歩抜け出せるのではないでしょうか。

NHK実践ビジネス英語2016年8月号及びCDを参考にさせて頂きました。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  2. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…

関連記事

  1. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done Early (4) そ…

    実践ビジネス英語でスピーキング …

  2. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (5) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  3. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (2) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  4. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (4) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (2) その1…
  2. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 14 Morning Rituals (5) そ…
  3. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 6_139-144
  4. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 19 Wellness at Work (4) そ…
  5. 4月号

    Lesson 2_Opportunityはmissしたくない
PAGE TOP