Lesson 11 Pay It Forward (1)_恩返しと恩送り

今日から9月号をとりあげます。テキストもCDも発売されています。お盆休みがあるので、いつもよりも数日早く発売されています。Heather Howardさんのその他の解説のディクテーションも頑張ってやります。準備ができましたら、順次紹介します。


NHKラジオ 実践ビジネス英語 2016年 09 月号 [雑誌]


NHK CD ラジオ 実践ビジネス英語 2016年9月号

9月号の1つ目のテーマは”Pay It Forward”ですが、受けた恩をそれを与えてくれた人にお返しするのが恩返し、その人ではなく、不特定の人に恩を与えるのが、恩送りですね。私の母は60代ですが恩送りを自然にできる人です。そして、恩送りとは何かを私に教えてくれました。ある日、母が歩いていると、就職活動中と思われる男子学生のスーツに目が留まりました。子供のような顔の学生が慣れない真新しいスーツを着ている姿が母の興味を引いたのでしょうね。後姿を見たときに、スーツのセンターベントに「しつけ糸」がついたままなのを見つけ、声をかけてその糸を取ってあげたそうです。その学生は何度も何度も頭を下げてお礼を言って去っていきました。「あんなに何度も頭下げんでもええのになぁ、あのこ」と、この話を語ってくれました。母は、困っている人を見ると、この様なことをしているようです。大声で泣いている赤ちゃんを抱えているお母さんを見つけると、赤ちゃんの相手をして泣き止ませるようなことをしているようです。知らない人に良く平気で声をかけられるねと、母に訊いたことがありますが、「私も、若いころにいろんな人に助けられたし、ええことやったら、自分もまた誰かに親切にされるねん」と語ってくれました。

Heather Howardさんはpay it forwardについて次のように解説されています。

8554171_m_rev1

This is the title of the vignette and as the vignette explains, this means responding to a good deed or some form of support by doing something good for a third party, instead of the person who helped us.

Imagine a great mentor. They help us become a better employee and a better person. Later, we pay it forward by mentoring someone younger than us.

 

 

それでは、2016年9月号のLesson 11 Pay It Forward (1) です。

以下引用部分はNHK実践ビジネス英語2016年9月号テキスト及びCDを参考にさせて頂きました。

 


1. Go pretty well

My presentation at the trade show on the West Coast had gone pretty well, so I thought I’d treat myself to a glass of white wine.

「~が上手くいく」という場合のgo wellです。prettyを一緒に使う例もよく見ます。come alongも使えると思います。come along nicelyと言ってネイティブに褒めてもらったことがあります。

 


2. Treat oneself to

「自分へのご褒美に~を・・・」という場合に使える表現ですね。Graceは機内で白ワインを自分へのご褒美にしましたが、飛行機での白ワインは美味しいでしょうか?ファーストクラスの白ワインは美味しいのかもしれませんが、少なくとも私の知っているエコノミーの白ワインはたいて酸っぱいだけですが。以前このテキストシリーズで、機内食と病院食のトピックがありました。飛行機に乗っているときは味覚がおかしくなっているので、トマトジュースの酸っぱさが美味しく感じるというようなことが書かれていたように思います。

Heather Howardさんの解説は以下の通りです。

32079487_m_rev1

 Grace says, “I thought I’d treat myself to a glass of white wine.” This is to buy or do something special for ourselves. For example, “I treated myself to a new pair of earrings.” Or “I treated myself to a weekend vacation.” We also say “treat someone to” and this often means we’re paying for food, drink or some special gift or experience for another person. Like “My friend Mary treated me to lunch yesterday.” She took me to lunch and paid for it.

 

 

 


3. Hold out one’s credit card

But when I held out my credit card, the cabin attendant said I didn’t need to pay for it.

これで、クレジットカードを差し出すという意味なんですね。holdを使うのですね。いいですね。覚えて使えるようになりましょう。

 


4. Heartwarming

It’s always heartwarming to hear about random acts of kindness like that.

良い単語ですね。日本語にもなっていますし、簡単に覚えられます。ただし、カタカナに引きずられて発音しないようにしましょう。発音は[hɑ́rtwɔ̀rmɪŋ]です。

 


5.random acts of kindness

キーワードが出てきました。pay it forward [fɔ́ːrwərd]の別の表現の仕方です。

random [rǽndəm] と acts[ǽkts]の母音の音にも注意して下さい。

2016年4月号42ページでは、”Acts of companion and kindness really stand out in that context.”とありました。

Heather Howardさんの解説は以下の通りです。

31809617_m_rev1

 McMillan says, “It’s always heartwarming to hear about random acts of kindness like that.” A random act is done without a particular connection to anything, without a pattern or a plan. Public opinion surveys often choose people at random to answer questions. Or, sometimes I pick a book at random from the shelf.

 

 

 


6. You’re telling me.

相手に同意をするときに使う副詞が様々あります。例えば、この場合であれば、absolutelyやexactly等と言う人もいるかもしれません。You’re telling meも自分のレパートリーとして覚えておきましょう。

また、you’re の発音は[júər]です。「ユーアー」ではありません。

Heather Howardさんの解説は以下の通りです。

33543755_m_rev1

Wu says, “You’re telling me.” – Exactly. I know. Wu is saying.

Imagine I say, “Julie is really dedicated to her job.” You might reply, “You’re telling me. She’s been working on that project non-stop.”

 

 

 


7. あとがき

私が新卒で入社したころ、ある上司と一緒に食事をする際はたいていごちそうになりました。昼食も夕食も過剰なほどです。ある日、今日は私が部長の分も支払いますと、言ったところ、「君に後輩ができたときに、面倒を見てやりなさい」と言ってくれました。その後、そのような機会があると、この上司の言葉を思い出して実行していました。母の例とはちょっと異なりますが、これも一種の恩送りでしょうか?しかし、私はその時の会社を辞め、別の会社にその後転職しましたが、あまりこの様な機会もなくなりました。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  2. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  3. Lesson 10 (4) 皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  4. 同じ先生が担当します!!
  5. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 5 (4) stirなんて使うことのない単語だと思っていました

    お待たせいたしました。オンライン・レッスンを開始いたします。現在、無料…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (4) richとinの使い方

    「女性の生産性が低い」というタイトルに目が留まりました。東洋経済オ…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 6 (2) dateには役立つ使い方があります

    お待たせいたしました。オンライン・レッスンを開始いたします。現在、無料…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 17(2)_I have to sayって言えますか?

    皆さんは働きすぎだと思いますか?仕事が楽しくて結果的に働きすぎなのでし…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 2 (4) 英語の勉強はupfront investmentですか?

    本日は実践ビジネス英語2017年4月号Lesson 2 (4)です。…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 17(1)_ビジネス英語ではありません

    こちらのMAG2NEWSでは日本が世界で最も識字能力が高いと紹介されて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. その他の語句の解説

    2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (3) その2
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (5) 努力します
  3. その他の語句の解説

    2016年11月 Lesson 15 Embracing Sustainabil…
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 9 (2) 過去形や過去分詞形は発音も一緒に覚えましょう
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 5 (3) a growing number of なかなか言えま…
PAGE TOP