2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (4) その1

実践ビジネス英語でスピーキング

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

今日は2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (4)で解説されています最初の5つの語句です。

 

 

 

1. Not see anything wrong with

Ueda says, “I don’t see anything wrong with the company promoting initiatives like this for partially self-interested reasons if it has a net positive effect on the wider society.”

If we don’t see anything wrong with something, we don’t find it objectionable. We think it’s alright to do that. And this could be good or bad.

Like, “I don’t see anything wrong with leaving early if your works done.” That’s fine. But you might also say, “He doesn’t see anything
wrong with two-hour lunches.”

 

 

2. For a partially self-interested reason

Self-interested means with one’s own interests in mind, to serve one’s own interests.

“Watch out for completely self-interested salesmen pedaling investments” for example.

 

 

3. Net positive effect

If the overall effect is positive, Ueda means, if the final effect is positive. You could also say, “if the net result is positive.”

 

 

4. Tutor for free

Grace says, “Some A&A employees do tutoring for free at local schools.”

Tutor means teach a specific subject or for a specific aim. It’s usually one on one. Tutor can also be a noun meaning a person who does that kind of teaching.

For example, “He was having trouble in Math so his parents hired a tutor.” Or “Carl is tutoring his nephew in Biology.”

FIND OUT MORE >

 

5. Let someone go ahead of

Grace says, “It can be as simple as letting somebody with fewer items go ahead of you in the checkout line.”

To let someone, go ahead of, is to allow them to go before us in a line or order of some kind.

Such as “She was in a hurry so I let her go ahead of me in the cafeteria line.”

 

 
 

1ですが、英語には否定文を用いて自分の言いたい事を強調する使い方が多くあると思います。この語句もwrongを否定してwith以下が問題ないことを主張しています。

2は、理由を説明することができるforの使い方ですね。理由の内容を具体的に説明するにはbecauseを使いますが、本例文の様に「個人的な理由で」のような場合は、for~reasonが使えますね。

3のnetの使い方は一般的なのでしょうか?ネイティブの先生に確認してみます。

4のtutorは日本だと、家庭教師ですね。最近では、個別指導塾の先生もそうかもしれません。弊社もオンライン英会話レッスンの立ち上げを計画中で、良い先生を探しております。準備ができましたら、皆様にもご案内したいと思います。

5はこのまま使える表現ですね。

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年9月号及びCDを参考にさせて頂きました。

 

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  2. ネイティブの先生しかいません
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  5. Lesson 10 (4) 皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (4) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  2. メールマガジン

    2016年9月Lesson 12 Graying America (1) その1

    実践ビジネス英語でスピーキングNHKラジオ実践ビジネス…

  3. 2017年

    2017年7月 Lesson 8 Heads Up! (4) その他の語句の解説

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  4. 2017年

    2017年5月 Lesson 4 Email Etiquette (3) その他の語句の解説

    NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (4) richとinの使い方
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 20(1) intuitiveの発音は難しいですか?
  3. 2017年

    2017年4月 Lesson 1 First Impressions (1) そ…
  4. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 6_143-146 & PART7…
  5. 2016年

    2017年3月 Lesson 24 Golden Years (5) その他の語…
PAGE TOP