メールマガジン

2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (5) その1

実践ビジネス英語でスピーキング

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

今日は2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (5)で解説されています最初の5つの語句です。

■おわび

Facebookページを作成しておりましたが、設定を間違えて「一般公開」されておりませんでした。これまでにアクセスして頂いた皆様申し訳ございませんでした。公開いたしましたので、よろしければ覗いてみてください。

https://www.facebook.com/pbe.jp/

 

 

 

1. Get behind In

Wu says, “She was struggling to pay a big medical bill and got behind in the rent.”

We also say “get behind on” and they both mean fall behind schedule in something.

Such as “He got behind on his loan payments” or “She got behind in her paperwork.”

 

 

2. Gratuity

Ueda says, “The waitress was surprised to receive such a large gratuity.”

A tip in this situation. We also have the word gratuitous which can mean unnecessary, superfluous.

Like “He objected to the gratuitous violence in the movie.”

 

 

3. Get hold of the story

McMillan says, “Even though the media got hold of the story, the chap insisted on remaining anonymous.”

McMillan is referring to the press learning about something and reporting on it.

Like “The press got hold of the story and it became a huge scandal.”

We also use get hold of to refer to other people or organizations obtaining information.

Like “We don’t want our competitors to get hold of our marketing
plans.”

 

 

4. What a class act

McMillan says, “The man wanted to be anonymous. What a class act.”

A class act is a person who acts in a noble honorable way. McMillan also could have said, “What a classy guy.”

Things like, “Tom is such a class act. He always treats people with courtesy and respect.”

 

 

5. Deserving

McMillan says, “I’m on a frequent flier program with an airline that gives deserving passengers a free flight that they in turn pass on to someone else.”

A deserving person is worthy of something; they deserve to have it.

Imagine a talented dedicated employee gets a promotion. You could tell them, “Congratulations. I can’t think of anyone more deserving.”

And the opposite expression is undeserving. It’s a bit formal. I personally would use it more in writing
than speech.

Something like “He was completely undeserving of that promotion.” In speech I might say, “He didn’t deserve that promotion at all.”

 

 

 

1はなかなか便利な表現ではないでしょうか。前置詞のinとonも覚えておきましょう。「何が」遅れているのか説明ができます。

2はtipのことですね。これに関しては、ブログも参考にしてほしいです。ブログはこちら

3ですが、getの動詞句がもう一つ出てきました。つにでに覚えておきましょう。

4は、私は知らなかったのですが、皆さんは如何ですか?

5のdeserveは良く使います。You get what you deserveと言えば、自業自得です。

 

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年9月号及びCDを参考にさせて頂きました。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  2. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done Early (2) そ…

      実践ビジネス英語でスピーキング…

  2. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 19 Wellness at Work (3) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 14 Moring Rituals (1)_夜型?朝型?Night…
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 18(5)_のように思われているconsidered
  3. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 6_135-137
  4. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 7_186-190
  5. メールマガジン

    2016年9月Lesson 12 Graying America (4) その1…
PAGE TOP