メールマガジン

2016年9月Lesson 12 Graying America (1) その1

実践ビジネス英語でスピーキング

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

今日から2016年9月Lesson 12 Graying Americaです。まずは(1)で解説されています最初の5つの語句です。

■おわび

Facebookページを作成しておりましたが、設定を間違えて「一般公開」されておりませんでした。これまでにアクセスして頂いた皆様申し訳ございませんでした。公開いたしましたので、よろしければ覗いてみてください。

https://www.facebook.com/pbe.jp/ 

1. Graying Society

Ueda says, “We hear about how countries like Japan and the United States are graying societies.”

A society in which the percentage of elderly people is increasing. We also use graying about other smaller groups as well.

I read the other day about the graying of America’s homeless population. Apparently an increasing number of homeless people are over 50.

 

 

2. Additional Worry

Ueda says, “In Japan we have the additional worry of population decline.”

As we see here, worry can be a noun as well as a verb. As a noun it means a concern or a problem, something that causes us to worry.

“One of his biggest worries is paying for his son’s college education” for example, or “Saving enough for retirement is a big worry for him.”

 

 

3. Last someone’s lifetime

Grace says, “People are very worried that they won’t be able to save enough money to last their lifetime.”

In this case, last means be enough for a certain period.

You could say, “We have enough printer paper to last the month.” Or “This is enough money to last a week.”

We also say “last someone for”, like, “10,000 Yen will last me for the rest of the week.”

 

 

4. Progressively

Wu says, “Their lifetimes have become progressively longer.”

Progressively means gradually, steadily advancing.

“Interest rates have gotten progressively lower over the last few years” for example, or “His English has progressively improved.”

 

 

5. A very real possibility

Wu says, “Advances in medical care mean living to 100 has become a very real possibility for many.”

Something with a very good chance of happening.

Things like “There’s a real possibility he could move to Europe next year” or, “There’s a real possibility she could be president of the company someday.”

 

 

 

1ですが、あるネイティブの先生はこの表現は知らなかったと言っていました。aging societyの方が一般的だと言っていました。

2のadditionalはビジネス英語で重要です。また、発音は[ədíʃənl]です。語尾の音に注意です。

3の動詞としてのlastのこの様な使い方は便利ですね。

4のprogressivelyはgraduallyと同じ意味なのですね。

5ですが、Things
like以下で説明されている例文の方がわかりやすいと思います。本文の使い方はちょっと違和感があるように思いましたが、この様な使い方もあるのですね。possibilityの主語が実現する可能性があるということでしょうか。

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年9月号及びCDを参考にさせて頂きました。 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …

関連記事

  1. メールマガジン

    メルマガも配信しています

    メールマガジンは「まぐまぐ」でほぼ毎日配信しています。NHK実…

  2. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 20 Food Market Trends (5) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  3. メールマガジン

    2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (4) その2

     実践ビジネス英語でスピーキングNHKラジオ実践ビ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder(5) …
  2. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (3) その2…
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (5)_支払いに送れる
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 17(5)_Locally sourced food
  5. 4月号

    Lesson 4_Forcastとfor
PAGE TOP