Lesson 12 Graying America (2)_Dividing lineも境界線

前回はいつ年をとったと感じるかという話題をとりあげました。興味本位から、日本とアメリカの平均寿命を調べてみました。それぞれ、83.7歳(1位)、79.3歳(31位)です。

MEMORVAを参考にさせて頂きました。

順位の差はあるものの、共に長寿の国といって良いと思います。

では、どの程度graying societyなのかも調べてみました。これには、人口ピラミッドが参考になります。こちらのウェブサイトで国を選びますと、年齢別の人口のチャートを観ることができます。

日本を選んでみますと、1番のピークは40-44代、2番目のピークは65-69代です。そして、その間の世代の人口も多いです。そして、40-44代のピークから人口は減少しています。これを見ると、まさに少子高齢化である事がわかります。そして、ピラミッドチャートの右側のチャートからは人口減少も読み取れます。

今日は2016年9月号のLesson 12 Graying America (2) です。

以下引用部分はNHKラジオ実践ビジネス英語2016年9月号テキスト及びCDを参考にさせて頂きました。

 


1. Dividing line

But these days there isn’t such a clear dividing line between work and retirement.

Lesson 12 (1)ではdivisionが同じ意味で使われていました。

 


2. Four out of 10

Recent studies show that close to four out of 10 baby boomers plan to keep working, at least to some extent, after they retire.

「~人中~」という表現はこれを使うことに慣れましょう。

 


3.Stay mentally active

They need to stay mentally active.

stay+形容詞は良く使います。また、例文の様に副詞を使うのもポイントです。慣れてスピーキングに使う練習をしましょう。ちなみにactiveの発音は「アクティブ」ではなく[ǽktiv]です。

発音の練習は弊社の推奨テキストを参考にして下さい。

 


4. The basic fact remains that

Well, the basic fact remains that a lot of people have a lot of time on their hands.

この表現は使えると思いますので、覚えて練習をしておきましょう。スピーキングに慣れていないと、短文になったり、直接的な表現になりがちです。

Heather Howardさんの解説は以下の通りです。

17944266_m_rev1

Grace says, “Well, the basic fact remains that a lot of people have a lot of time on their hands.”

We also say, ‘the fact remains that’. It means regardless of other factors, other considerations, this important point does not change. This is what matters; this is what people should focus on.

Things like, ‘Carrie can be arrogant, but the fact remains that she’s one of our best salespeople.’

 


5. Get more out of

The challenge for them is to get more out of their retirement, or semi-retirement.

実は、Lesson 12 (3)では、get the best out ofが登場します。合わせて覚えて使えるようにしておきましょう。

Heather Howardさんの解説は以下の通りです。

36657613_m_rev1

Grace says, “The challenge for them is to get more out of their retirement or semi-retirement.”

To get greater benefits from it, reap greater rewards.

For example, ‘I got more out of studying in Kyoto because I did a homestay. Some of my classmates lived in apartments, and they didn’t get nearly as much language exposure as a result.’

 

 


6. Older residents

I think local communities should do more to provide support for their older residents.

本テーマのキーワードの1つですが、お年寄りを表現する単語はいくつかあります。本レッスンでも何度か登場します。elderly people、senior citizen等

また、residentsの語尾のsはしっかり発音しましょう。

 


7. あとがき

冒頭の続きですが、他方、アメリカのそれらを観ますと、高齢化社会であるものの、少子化でもなく、人口減少でもないことがわかります。ピークは20-24代です、2番目は、50-59代です。そして、人口も増えています。ここが同じ高齢化社会でも大きく違う点です。若い世代の人口が少ないというのは深刻な問題につながると思います。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  2. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  5. Lesson 3 (1) 丁寧な英語を目指しましょう

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 12 Graying America (5)_再びstay

    今日でLesson 12が終了します。10月号が発売されるまで、しばら…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 18(2)_Partyパーティー?

    少し以前の記事ですが、初心忘るべからずという教訓を読み取ることができた…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 21 (5) 何のneedを示すかの前置詞はfor

    MAG2NEWS 実は損する? カード払いのポイントに隠された「周到な…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 22 (3) 止めてしまいましょう

    MAG2NEWSにはこんにゃくを使ったレシピが紹介されています。い…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 16(5)Put offとcall off

    先日九州からの出張の帰りに鳥取で地震がありました。その影響で山陽新幹線…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (5) 肉食系?草食系?

    MAG2NEWSでラッピングの記事が取り上げられています。再生回数…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 10 (5) according toにはもう1つ別の使い方があり…
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 15 (1) Compatriot あまり使わないかも? 
  3. その他の語句の解説

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (4) 誤解を恐れないであえて言いますが...
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 10 (3) what S + Vを有効的に使っていますか?
PAGE TOP