2016年9月Lesson 12 Graying America (4) その2

 

 

実践ビジネス英語でスピーキング

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

2016年9月Lesson 12 Graying America (4)で解説されています残りの5つの語句です。

■おことわり

いつも本メールマガジンをお読みくださいましてありがとうございます。しばらく海外出張のため本メールマガジンの配信ができません。Lesson 12 (5)に関しては弊社のブログにアップしておりますのでそちらを参照してください。また、10月号が発売されるまでは本メールマガジンはしばらくお休みをさせて頂きます。申し訳ございませんが、ご理解を頂きますようお願いします。

 

6. Long Johns

Lyons says, “I’m not sure I like the idea of my long johns keeping tabs on me.”

This is long underwear that covers the legs all the way down to the ankles. Sometimes it covers the upper body too, other times it’s just the legs.

 

 

7. Keep tabs on

This means, monitor something to keep informed of what’s happening. You know, what’s going on.

I keep tabs on the latest Hollywood movies, investors keep tabs on the stock market.

 

 

8. Cushion

Grace says, “Researchers are working on clothing that will cushion the impact from falls.”

Lessen the impact as if using a cushion.

Imagine you have to tell someone they didn’t get a promotion. You cushion the blow by saying, “You can try again next year. And everyone really respects your work. It was a very difficult decision.”

 

 

9. Can Tell

Grace says, “They’re even thinking of carpets equipped with sensors that can tell if someone is having trouble walking.”

This means, discern from observation, sense.

Like ‘He can tell when people are lying.’ Or ‘She could tell the interview was going well.’

 

 

10. 60 Is the New 40

Lyons says, “I keep hearing people say 60 is the new 40.”

A is the new B. This means A has taken the place of B. A is like B used to be.

‘Smartphones are the new computers’ or, ‘Bloggers are the new columnists.’

You also hear ‘something is the new black’. And this is a fashion-inspired expression meaning something is the most popular color or thing lately.

A fashion magazine might say,
“Yellow is the new black. Everyone’s wearing yellow these days.” Or ‘Unlimited vacation days are the new black.’

 

 

 6は聞いたときに理解できれば良いと思いますが、我々のような非ネイティブが使っても違和感ないものなのでしょうか?今度ネイティブの先生達に確認してみます。

7は以前このテキストシリーズでみたと思います。知っていて損はありません。

8は日本語で使うのと同じ感覚ですね。

9は重要で簡単な表現ですので使える様にしておてい下さい。tellの他にseeを使う表現も重要です。

10もこの際この表現を覚えておきましょう。

 

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年9月号及びCDを参考にさせて頂きました。 

  

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?
  2. Lesson 10 (4) 皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. 実践ビジネス英語にこだわっていません
  4. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  5. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…

関連記事

  1. 2017年

    Lesson 11 Doctors on Board (4) その他の語句の解説

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  2. その他の語句の解説

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (5) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング&nb…

  3. 2017年

    2017年月6 Lesson 6 The Office of the Future (5) その他の…

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  4. 2017年

    Lesson 10 A Dinner Party With Strangers (1) その他の語句…

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 2017年

    2017年月6 Lesson 6 The Office of the Futur…
  2. その他の語句の解説

    2016年11月 Lesson 15 Embracing Sustainabil…
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 (4) 除細動器の使い方知っていますか?
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 7 (2) ratherは使いますか?使えますか?
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 9 (5) ネットでと言いたい場合に使う前置詞はin? on?
PAGE TOP