公式問題集_Test 1_PART 5_101-105

以前予告したとおり、TOEICの公式問題集の問題を単に解くだけではなく、英会話やスピーキングに使うことを考慮しながら、解説をしていこうと思います。使用するテキストはこちらです。


ETS新TOEICの公式実戦でRCリーディング出題機関独占公開 新形式問題対応

 

 TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集です。この問題集はリーディングであるPART5からPART7の問題集です。そして、それらがTest1からTest5までと5回分あり、日本で販売されている問題集は2回分ですのでこちらを買う方がお得な内容です。ただし、解説はすべて韓国語ですので、解説は韓国語がわかなないと使えません。

では、今日はP24のPART5 101からいくつか取り上げたいと思います。

 


101: New patients should arrive fifteen minutes before their scheduled appointments.

 問題自体は簡単だと思います。their 以外を選ぶことはできないと思います。

 「~分前に」と言う場合、「時間+bofore~」で良いわけですね。ここでは、それを覚えることと、複数形の語尾の発音をしっかり確認しておきましょう。

patients

minutes

appointments

日本人は子音の発音が弱い傾向にあるので、語尾の”s”が聞こえない場合があります。また、そもそもそこまで気を留めてしっかり発音していない人もいます。意識するようにしましょう。

また、scheduleですが、[ʃédʒuːl]と発音することも覚えておきましょう。「スケジュール」が日本人にはなじみ深いと思いますので。さらに、[ʃ] 、[dʒ]の音は、日本語の「シュ」、「ジュ」と少し違います。

発音練習はこちらのテキストを参考にして下さい。

 


 102: The final version of the budget proposal must be submitted by Friday

 manyやemptyでは意味が通じません。totalもそうです。

 

budget

proposal

submit

の3つはビジネス英語必須の単語です。

byとuntilの使い分けの確認をしておきましょう。ここで、untilと言ってしまうと変です。untilは「~までずっと」と継続を意味するからです。問題の様に「締め切り」や「期限」の「まで」はbyを使います。提出するのは金曜ではなく、今日でも、水曜日でも木曜日でも良いわけです。

final、total、proposalは語尾が「sl」で終わっていますが、「アル」と発音してはいけません。即ち「ファイナル」、「トータル」、「プロポーザル」と発音してしまうと、カタカナ英語です。

version [və́ːrʒən]

budget [bʌ́dʒət]

 の発音にも注意してカタカナ英語から脱却しましょう。

ちなみに、budgetですが、予算(バジェット)は業界や会社によって使われ方が様々だと思います。営業の部署では「年間の売り上げ目標」として使われています。また、製造部門や研究部門が何か大きな装置を購入する場合は、その前に「予算申請」を行います。

 


103: Ms Choi offers clients both tax preparation services and financial management consultations.

both A and Bですが、実は、英会話の場面でbothをきちっと使っている人とあまりお目にかかりません。

clients

services

consultations

複数形の語尾の発音に注意しましょう。

managementを「マネージメント」と発音してはいけません。[mǽnidʒmənt]です。アクセントの位置、最初の母音の音、「ジ」ではなく[dʒ]、等に気を付けましょう。

 


104:  Maya Byun was chosen by the executive team to head the new public relation department.

 was chosen以外は意味が通らず不適切です。

「チームを率いる」場合はheadを使います。leadでも良いと思います。

public relationはPRと省略されることもあり、人事部の事です。

経営層、経営陣、お偉方などを会話で使うこともあると思いますが、その時に、executiveや103のmanagementを使えます。execが使われることもあります。

 


105: Belvin Theaters will soon allow customers to purchase tickets on its Web site.

 一瞬選択肢に迷うかもしれませんが、意味を考えて、また、willがある事からsoon以外は不適切です。

 allow+人+to不定詞ですが、会話では、You can buy tickets~と言う方が簡単だと思います。

 

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5) 散らかったモノは…
  2. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  3. 同じ先生が担当します!!
  4. 実践ビジネス英語にこだわっていません
  5. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…

関連記事

  1. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 7_196-200

     TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、そこからス…

  2. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 7_172-175

    "on behalf of"は今では普通に使えるようになりましたが、私…

  3. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 6_135-142

    TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、それらを英会…

  4. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 7_149-150

    TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、そこからスピ…

  5. TOEIC

    TOEIC公式問題集 Test 3 PART 5 121-128

    TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、そこからスピ…

  6. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 7_168-171

    staffとstuffの発音の違いは明確ですか?TOEIC先進国の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (2) 理由の後の前置詞はfor
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 5 (4) result inとend up in
  3. その他の語句の解説

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (4) その2…
  4. 2017年

    Lesson 15 New Guideline Call for Earlier…
  5. その他の語句の解説

    2017年1月 Lesson 19 Wellness at Work (4) そ…
PAGE TOP