実践ビジネス英語

Lesson 13 Hoarding Disorder (1)_使う機会があるかどうか condolences

10月号が発売されましたので今日から解説を再開したいと思います。8月末からヨーロッパのある国に行ってきました。そこでイギリスの方とお話しする機会がありました。彼に、Brexitについて質問をしてみました。彼自身は残留派です。そして、おそらくイギリスはEUからは離脱しないだろうと考えておられます。理由は、離脱による経済的打撃に加え、スコットランドや北アイルランドが独立してEUに加盟することになれば、イギリスそのものの崩壊にもつながりかねないという恐れからです。確かに、多くの日本企業はイギリスに進出していますが、それはEU進出への足掛かりという意味もあり、イギリスがEUから離脱すれば、その意義もなくなり、日本企業もイギリスから撤退しかねないです。国民投票には法的拘束力はありませんので、今後議会で議論をして、解散総選挙で国民の判断にゆだねれば、おそらく残留するだろうと言われていました。

彼からは、反対に、日本でも大きなニュースなのかと質問されました。もちろん、大きな影響が出るので、みんな気にしていると答えておきました。


NHKラジオ 実践ビジネス英語 2016年 10 月号 [雑誌]

 


NHK CD ラジオ 実践ビジネス英語 2016年10月号


1. Condolences

Thank you, everybody, for your condolences on my mother’s passing

condolencesの発音は[kəndóuləns]です。目的語の前の前置詞はonです。しかし、とっさになかなか出てくるかどうかわからない単語ですね。あまり使う機会もないかもしれません。

発音練習はこちらのテキストを参考にして下さい。

Heatherさんの解説は次の通りです。

Grace says, “Thank you everybody for your condolences on my mother’s passing.”

Condolences are expressions of sympathy when someone has died. It’s common to write a letter that starts like, ‘my deepest condolences on the passing of…”.

Here it’s plural. It’s singular for things like, ‘I sent Gerome a letter of condolence about his grandmother’. Or ‘The mayor released a statement of condolence after the accident’.


2. Service

Did you hold a formal funeral service for her?

「お葬式をする」ですね。動詞のholdを使うことも覚えておきましょう。serviceを使うのはなんとなく違和感を覚えませんか?日本語の「サービス」とお葬式の相性が悪いような・・・。しかし、告別式、追悼会はmemorial serviceなので、serviceはこのように使うことも覚えておきましょう。[fjúːnərəl]の発音も確認しておきましょう。

 


3. Trend

Recently, the trend has been for friends and family to organize what are called “celebrations of life” instead of funerals

「最近の傾向は~だ」という場合、the trend has beenという表現は使えますね。現在完了形なのもポイントでしょうか。

what are called~という表現の仕方も自然にできるようになりたいですね。

 


4. Emphasis

The emphasis was more on the positive.

何かを強調するという場合にこの様な表現の仕方もできるのですね。私だと、人を主語にして動詞のemphasizeを使っていたかもしれません。

 


5. Share

People told stories and even shared jokes about her.

shareの発音は[ʃέər]ですが、[ʃ]の音の確認をしておきましょう。

 


6. Religious in nature

They’re usually religious in nature, and emphasize the afterlife

religious in natureですが、このinは必要なのでしょうか? あるドラマで、suspicious nature「疑い深いたちで」が出てきました。

 


7. Decide against

Yes, some people are deciding against formal ceremonies with religious music, prayers and little or no information regarding the life of the deceased

decide againstはSay What You Meanの2でもとりあげられていますが、重要ですね。

deceasedは発音を確認しておいてください。[disíːst]

 


8. Moving

I’m sure it was a very moving and fulfilling experience

movingを「感動的な」として使えない人もいるかもしれませんので、確認をしておきましょう。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  2. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 12 Graying America (4)_Folksは人々

    皆さんの英語学習の目的は何でしょうか?皆さんが帰国子女でなく、純粋に日…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (3)_Defeatの気持ち

    スイスには日本にある便利なコンビニはありません。100円ショップはあっ…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 9 (1)_insight と into

    先日、梅田のグランフロント大阪にジェラートショップを見つけたので、思わ…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (1)_恩返しと恩送り

    今日から9月号をとりあげます。テキストもCDも発売されています。お盆休…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 10 (1)_strikeもバランスをとる

    今日からLesson 10 Juggling Work and Lif…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (5)_支払いに送れる

    とうとうSUPをやってきました。琵琶湖で。道具一式をレンタルして3時間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 26_取り組んでいます
  2. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder(2) …
  3. メールマガジン2016年

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (4) その2
  4. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 36_Buy-inを得る
  5. 入門ビジネス英語2016年4月号

    Lesson 3_RevenueとProfitはどう違うのか
PAGE TOP