メールマガジン

2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) その1

 

 

 

実践ビジネス英語でスピーキング

お待たせ致しました。本日よりメールマガジンを再開をいたします!!

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather
Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?本日は、2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1)で解説されています最初の5つの語句です。

 

 

1.Hoarding disorder:

This is the title of our current vignette. A disorder is a condition where some physical or mental process isn’t working properly.

Anorexia, for example, is an eating disorder. A person isn’t eating normally.

There are also blood disorders where there is something wrong with a person’s blood.

 

 

2.Condolences:

Grace says, “Thank you everybody for your condolences on my mother’s passing.”

Condolences are expressions of sympathy when someone has died. It’s common to write a letter that starts like, ‘my deepest condolences on the passing of…”.

Here it’s plural. It’s singular for things like, ‘I sent Gerome a letter of condolence about his grandmother’. Or ‘The mayor released a statement of condolence after the accident’.

 

 

3.Mourning:

Collin says, “I prefer celebrations of life to traditional funerals which focus on mourning and final goodbyes.”

This is a word that native speakers often misspell, they leave out the ‘U’. Mourning with a ‘U’ is the process of grieving someone’s death.

Mourning clothes, for example, are black in Japan and the United States. And the verb mourn can also refer to a loss that doesn’t involve death. Something like, ‘She mourned the loss of that promotion for a long time.’

 

 

4. Afterlife:

Collin says, “Traditional funerals are usually religious in nature and emphasize the afterlife.”

Life after death, some continued existence after death. You’ll also hear things like, ‘the next world’ and ‘the next life’.

For example, ‘He doesn’t believe in life after death’. Or ‘She’s confident she’ll see her mother in the next world.’

 

 

5.The Deceased:

Grace says, “Yes, some people are deciding against formal ceremonies that have little or no information regarding the life of the deceased – the person who has passed away.”

 

News articles, sometimes will say, ‘Police identified the deceased as John Smith of New York.’
 

We also say a person is deceased, they’re no longer living.

 

 

 

1ですが、hoardの発音は[hɔ́ːrd]です。日本でもごみ屋敷がワイドショーで取り上げられることがありますが、これもhording disorderかもしれませんね。

2は発音は[kəndóuləns]です。目的語の前の前置詞はonです。この単語が適切な場面でとっさんにで来れば大したものです。

3は発音は[mɔ́ːrniŋ]なので、morningと同じですね。

4は死後の正解ですが、最初の母音にアクセントがあります。

5はtheを忘れないようにして下さい。発音も確認しておいてください。[disíːst]

 

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年10月号及びCDを参考にさせて頂きました。 

 

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  2. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…

関連記事

  1. メールマガジン2016年

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (2) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (5)_支払いに送れる
  2. メールマガジン

    2016年9月Lesson 12 Graying America (1) その2…
  3. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 5_106-112
  4. メールマガジン2016年

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (1) その1
  5. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 29_mustに現在完了形?
PAGE TOP