実践ビジネス英語

Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノはClutter

先日の海外出張による後遺症がまだ続いています。時差ぼけです。向こうにいる間は平気だったのですが、帰ってきてからぐっすり眠れません。夜中の1時や2時に目が覚めてそれから眠れないです。また、夕食を食べた後はものすごい睡魔に襲われます。こんなことではいけないなと思うのですが・・・・


NHKラジオ 実践ビジネス英語 2016年 10 月号 [雑誌]


NHK CD ラジオ 実践ビジネス英語 2016年10月号

 


1.Clutter

And people can trip and fall over clutter

 あまり使わない単語かもしれませんが、この後、declutteringも出てきますのでこの際覚えておきましょう。発音は[klʌ́tər]

発音の練習はこちらのテキストを参考にして下さい。


2.Heirloom

A few years ago, my uncle started throwing out just about everything in his house that wasn’t tied down, including various family heirlooms

 こちらもあまり使わないかもしれません。むしろ、相続人heir [έər]、inheritor [inhérət]の方が重要かもしれません。

 


3.Go

Some of it needed to go, to be sure, but he really went too far.

goのような基本動詞を自然に使いこなすのはなかなか厄介ですね。例えば、ここでは、「捨てる」と「度が過ぎる」として使われています。慣れて使って慣れるしかないでしょうか。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

Lyons says, “Some of it needed to go, but he really went too far.”

If we go too far, we take something to an excessive degree, and we say ‘take something too far’.

Things like, ‘It’s okay to express your opinion but, he went too far, contradicting the boss like that.’ Or, ‘He takes politeness too far. He lets people push him around.’

 

 


4.Guilty

A new problem is digital hoarding. I’m afraid I’m guilty of that

ある問題をとりあげ後に、この様に表現して、自分もその問題を抱えていることを表現するときにこの様に言います。

 


5.A lot

Well, that’s a lot better than keeping boxes of old photos, videos and other stuff that takes up space

比較級を強調するときには、muchをよく使うと思いますが、この様に、a lotを使うことも覚えておきましょう。TOEICでも出てきます。

 take up spaceは様々な場面で使えそうな表現ですね。

 


6.Productivity

True, but managing all those files can put a dent in my productivity

productivityの発音は注意が必要ですので、ぜひこちらを参照してください。

 


7.Danger

The real danger, though, is what some people call “information obesity” or “infobesity” for short.

 dangerは「デンジャー」と発音しないようにしましょう。[déin(d)ʒər]です。

infobesityは相手に通じないようであれば、information obesityのfor shortであることを説明しましょう。

 


 8.Snack on

I often find myself checking out or “snacking on” new information

面白い表現ですね。スモールトークや雑談で使えそうですね。発音もチェックしておきましょう。[snǽk]

Heatherさんの解説は以下の通りです。

Lyons says, “Sounds like you need to go on a digital diet.”

Follow an eating program aimed at losing weight. Many people go on a diet after a holiday period, don’t they?

 


9.Value

But very little of it has real value for me

役に立たないと言いたいときに、useless とかnot helpfulと言ってもよいですが、この様な表現の仕方にも慣れておいたほうが良いですね。

 


10. 発音を少々

Some people have the opposite problem: obsessive decluttering.

opposite [ɑ́pəzit]

problem [prɑ́bləm]

obsessive [əbsésiv]

oを見ると「オ」と発音してしまいますね。しかし、よく聞くと日本語の「オ」とは違う音です。普段から心がけなければなかなか来の悪癖から抜け出せません。私自身、昨日obviousを[ɑ́bviəs]ではなく「オ―ビアス」と発音してしまいました。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 22 (4) 良くなりましたか?

    損得勘定ばかり気にする人は何故すべてにおいて結局は損するのかMAG…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 15(3)_スタンダードに発音できますか?

    私は毎年お気に入りのお宿に旅行に行きます。理由は食事が美味しく、落ち着…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 12 Graying America (3)_Necessarilyの発音

    まだまだ暑いですが、それでも何となく秋の雰囲気を感じますね。秋は好きな…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 21 (3) rutにはまらないようにしましょう

    MAG2NEWにトヨタ自動車のエピソードが紹介されています。日本の工業…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 12 Graying America (2)_Dividing lineも境界線

    前回はいつ年をとったと感じるかという話題をとりあげました。興味本位から…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (5) 肉食系?草食系?

    MAG2NEWSでラッピングの記事が取り上げられています。再生回数…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン

    2016年9月Lesson 12 Graying America (1) その1…
  2. 入門ビジネス英語

    Lesson 21_責任者出てきた!
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 21 (4) compensationを正しく発音できますか?
  4. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 19(3) 登校拒否?
PAGE TOP