2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder(3) その1

 

実践ビジネス英語でスピーキング

 

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather
Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?本日は、2016年10月Lesson 13 Hoarding
Disorder (3)で解説されています最初の5つの語句です。

Facebookページからもメールマガジンをご確認いただけます。

ブログではNHKラジオ実践ビジネス英語をテキストとして勉強していて気付いたことを綴っています。NHKラジオ入門ビジネス英語も取り上げています。TOEIC公式問題集の解説も行っています。

 

1. Tell Oneself:

Grace says, “I told myself that I was doing her a favor by helping keep her apartment in good shape.”

We often say tell oneself when we’re trying to convince ourselves of something or reassure ourselves.

Imagine I buy an expensive new computer. ‘I tell myself, it’s an investment. I really need it for my work.’

 

 

2. Do Someone a Favor:

Do something to help someone. Perform a helpful service.

I wouldn’t say to someone, ‘I’ll do you a favor’, or ‘let me do you a favor’ because it sounds arrogant. Grace is ok because she is not talking directly to her mother, and her mother did have a serious problem. It’s better to say things like, ‘Could you do me a big favor and give this to Carl tomorrow? I won’t be in the office’.

 

 

3. Nursing Home:

Grace says she did this so no one could come in and say that her mother had to be moved to a nursing home.

A nursing home is a place where people live who need nursing care. They are also daycare facilities for the elderly. But you should specify ‘for the elderly’. If we say just ‘daycare’, people will assume it’s for children.

 

 

4. I Never Thought You’d Do This to Me:

Lyons says a friend of his had to put his mother in a care home and she said, “I never thought you’d do this to me. How could you do this horrible thing to me! I can’t believe it.”

You could also say things like, ‘How could he lie to his best friend like that?’, or ‘How could she lie on her résumé?’

 

 

5. Junk:

Grace says her mother collected the same kind of junk that hardcore hoarders keep, including elastic bands.

Junk is worthless items, garbage. Hence, junk mail: unsolicited mailings that we don’t want and that have no value to us. You could also say, ‘This software is junk. It keeps crashing all the time.’

 

 

1は会話で使える表現ですね。自分自身を納得させるとか、自分自身の行為を自分で正当化するとか、使える場面は様々ですね。こんな簡単な表現でそれらを言えるのですから、覚えて使わない手はありません。

2も定番の表現です。

3はボキャブラリーを増やす意味でも覚えておきましょう。

4ですが、なかなか相手にこうはっきりと言うのは難しいですね。よほど親しい人でないと。

5は日本語と同じニュアンスですね。

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年10月号及びCDを参考にさせて頂きました。 

  

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 同じ先生が担当します!!
  2. ネイティブの先生しかいません
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 実践ビジネス英語にこだわっていません
  5. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…

関連記事

  1. 2017年

    Lesson 11 Doctors on Board (5) その他の語句の解説

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  2. 2017年

    2017年6月 Lesson 5 Fostering Soft Skills (1) その他の語句の…

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  3. その他の語句の解説

    2017年2月 Lesson 22 Casual Dress Revolution (2) その2

    develop a sense forのdevelopの使い方は役立つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 4 (2) to不定詞は奥が深いです
  2. 過去の名作

    2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  3. その他の語句の解説

    2016年11月 Lesson 15 Embracing Sustainabil…
  4. その他の語句の解説

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  5. 4月号

    Lesson 8_Get one’s name out知名度を上げる
PAGE TOP