実践ビジネス英語

Lesson 14 Moring Rituals (1)_夜型?朝型?Night owl

このブログを読んで頂いている方の中に、または、NHKラジオ実践ビジネス英語で勉強をされている方の中で、どれくらいの方が、通訳案内士に興味を持っている方がいらっしゃるかわかりませんが、下記のexciteニュースによると、

政府の規制改革会議が、急増する外国人観光客のニーズに応えるためとして、通訳案内士による業務独占を廃止し、無資格者でもガイドができるように規制緩和を求める答申を提出した

 とあります。

無資格でも有償の通訳の仕事ができるようになるかもしれないということですね。外国人観光客の増加に対して、通訳案内士の数が少なすぎるというのが理由のようです。外国人と言っても、6割以上が東アジアからの人であり英語ができるとは限らないのですね。にもかかわらず、通訳案内士の対応言語の2/3が英語で、3/4が都市部に集中にしているそうです。そのミスマッチに対応するのが今回の動きのようです。

英語さえできれば世界どこでも言葉に不自由しないというのは必ずしも現実ではなく、日本を含め非英語圏には英語が話せない人は多くいますし、英語が通じない場面はまだまだ多くあります。とはいうものの、複数の外国語を習得するのは大変ですし、せめて英語だけは、何とかできるようになりたいと私は思っています。


NHKラジオ 実践ビジネス英語 2016年 10 月号 [雑誌]


NHK CD ラジオ 実践ビジネス英語 2016年10月号

 


1.Night owl

You’re a dyed-in-the-wool night owl

early birdとセットで覚えておきましょう。そして、発音も正確に覚えてください。

[ául] [bə́ːrd]

発音の練習はこちらのテキストを参考にして下さい。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

Night Owl

Collins says, “You’re a dyed in the wool night owl.”

Someone who usually stays up late, who is most active at late hours. The opposite is an Early Bird. For example, ‘She’s a real early bird. She goes jogging at 5.30 a.m. everyday.’

We also say a morning person and an evening person. People who are most alert and effective at those times of day.

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  1. What’s come over you?

What’s happened to you?とのニュアンスの違いは気になりますが、この表現も覚えておきましょう。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

What’s Come Over You

Collins goes on to say, “What’s come over you?”

What is causing you to behave in this unusual way, and we use this about good and bad behavior. For example, ‘What came over Sam? I can’t believe he yelled at Tracy like that!’

And we also say, ‘come over oneself’. The person who yelled, Sam, might say, ‘I don’t know what came over me. I’ll apologize to Tracy immediately.’

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3.Lapse in judgment

Well, it’s all because of a terrible lapse in judgment, actually

覚えて使えれば、スピーキング力が高まりますね。発音も気を付けてください。

[lǽps]  [dʒʌ́dʒmənt]

Heatherさんの解説は以下の通りです。

Lapse in Judgement

Lyons says, “It’s all because of a terrible lapse in judgement actually.”

Here, a lapse is a brief failure to think or act in the right way and making a mistake as a result. For example, ‘I didn’t notice that typo due to a lapse in concentration.’

Lapse can also mean an interval; a break between occurrences. For example, ‘There was a lapse of two years between Version 1.0 and Version 2.0 of that software.’

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4.A few nights ago

A few nights ago, I sent an angry, sarcastic email to a business associate on the spur of the moment

言われてみれば、当たり前ですが、daysを使わず、nightsを使ってこの様に言えるわけですね。sarcasticは発音に注意が必要です。[sɑːrkǽstik]

associateは動詞と名詞では発音が異なります。詳しくはこちらをご参照してください。

 


5.On the spur of the moment

spur [spə́ːr]は拍車をかけるという意味ですが、過去に何度か登場しているように思います。

 


6.仮定法過去完了

If I’d slept on it, I wouldn’t have done anything so foolish.

受験勉強でさんざん勉強した仮定法過去完了です。これを話そうとすると、なかなか厄介ですね。しかし、それができると、印象が変わると思います。

 


  1. Join the ranks of

 I decided to join the ranks of you morning people

こういう表現を積極的に使えるようになりたいですね。そして、発音もチェックしておきましょう。[rǽŋk]

Hetherさんの解説は以下の通りです。

Join the Ranks Of

Lyons says, “So I decided to join the ranks of you morning people.”

Become one of a group of people who does something or who share some characteristic.

‘He’s joined the ranks of the vegetarians’, for example. Or, ‘She’s joined the ranks of people who oppose the merger.’

 

 

 

 

 

 

 

 


8.Adhere

I’m also taking the advice of one of my friends and will adhere to certain morning rituals

これも役立ちそうですね。発音は[ədhíər]です。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

Adhere To

Lyons says, “I will adhere to certain morning rituals.”

Stick to something. Stay with it.

The noun is ‘adherence’.  Things like, ‘Company X adheres to strict safety standards’. Or, ‘She adheres to the belief that lower taxes are better for the economy’.

 

 

 

 

 

 

 


9.Ritual

過去のテキストで、ritual exchange of pleasantryが出てきたように思います。社交辞令ですね。

 


10.A set of routines to follow

They’re just a set of routines to follow as soon as I wake up

なんでもない表現かもしれませんが、ここでも名詞+to不定詞の表現が出てきました。こちらもご参考にして下さい。

 


11.Be meant to

They’re meant to help me get into the right frame of mind to have a productive and fulfilling day.

私にはこの冒頭の表現はできませんでしたので、今後覚えて使えるようにしたいと思います。productiveの発音ですが、品詞によって変わってくるので注意が必要です。こちらを参考にして下さい。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

Be Meant to

Lyons says, “The morning ritual is meant to help me get into the right frame of mind.”

The intention behind something is this. This is what it is supposed to do.

For example, ‘the new law is meant to prevent tax evasion’. Or, ‘Our flexible work hours are meant to improve employees’ work-life balance.’

 

 

 

 

 

 

 

 


12.Put two eggs on to boil

At 5:30 a.m. he’d wake up, put on his bathrobe, go to the kitchen and put two eggs on to boil

卵をゆでるですが、あまりビジネスの場面では使わないかもしれませんが、知らないと言うのに一苦労しそうです。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 9 (2)_有給を取る権利がある be entitled to

    この週末1泊2日で和歌山へ行ってきました。前から興味のあったSUPは今…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 17(1)_ビジネス英語ではありません

    こちらのMAG2NEWSでは日本が世界で最も識字能力が高いと紹介されて…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (1)_中途半端ですが・・・

    2016年7月号のLesson 8 Buy Experiences, …

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (4)_Strainedはぎくしゃくした

    今回のビニェットのテーマは「モノを捨てられない病」ですが、私の場合は病…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 18(3)_startにwithを忘れないこと

    このブログを読んでくださっている方の6割くらいは男性ですが、男性には女…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (1)_恩返しと恩送り

    今日から9月号をとりあげます。テキストもCDも発売されています。お盆休…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 41_Big picuterは大きな絵ではありません
  2. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 14 Morning Rituals (2) そ…
  3. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 10_Run through目を通す
  4. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 7_186-190
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (2)_理由の後の前置詞はfor
PAGE TOP