実践ビジネス英語

Lesson 14 Moring Rituals (2)_Headlineをgetする

前回は通訳案内士のニュースをとりあげましたが、現在どれくらいの外国人が日本に観光に来ているのかを調べていると、面白いことがわかりました。下記のウェブサイトでは2014年度の集計ですが、各国の外国人旅行者数が示されています。日本は1,300万人ほどです。1位はフランスで8,300万人以上です。

入国者数ランキング 国土交通省観光庁 統計情報・白書

日本は22位です。アジアでも7位なんですね。政府は2020年に4,000万人を目標にしています。イタリアに匹敵する数ですが、実現可能な数字なのでしょうか?2,000万人であれば、何とか可能かなと思うのですが・・・。

私が子どもの頃に比べれば、外国人旅行者をよく見かけるようになりましたが、もし4,000万人も訪日すれば、そのレベルではないですね。飛行機、新幹線、ビジネスホテルも今のレベルではとても対応できないようにも思います。


NHKラジオ 実践ビジネス英語 2016年 10 月号 [雑誌]


NHK CD ラジオ 実践ビジネス英語 2016年10月号

 

1. Headline

Then he’d go back to the kitchen, put his eggs in eggcups, make some toast and coffee, and settle back to read the headlines as he enjoyed his breakfast

ずいぶん前ですが、尊敬する英語の先生の著書でgiveとgetを使った様々なフレーズが書かれた本がありました。その本にはget the headlinesがあったのを思い出しました。大きく報道されるという意味です。また、breakfastですが、発音は[brékfəst]です。breakの[bréik]につられないようにする必要がありますね。また、fastは[fǽst]なので、注意が必要です。

発音の練習はこちらのテキストを参考にして下さい。

 

2. Set

But there’s no set formula

setのこの使い方も知っておく必要がありますね。日本語ににもなっていますので、名詞のセットは良く知られていますが、形容詞としての使い方も慣れて使えるようにしましょう。

 

3. Whatever

It can be whatever you do at the start of every new day

今思えば、受験勉強でwhateverを学びましたが、vignetteの様に使う訓練をやってこなかった我々の多くは、上記のような表現をなかなかできないのではないでしょうか。

 

4. Activity

The point is to find some activity that you repeat every morning as a kind of psychic anchor for your day

ここでは、[æ]の音の単語が2つありますので、発音をチェックしておきましょう。

activity [æktívəti]、anchor [ǽŋkər]

 

5. Be around

As you probably know, yoga has been around for a long time

44ページの解説にもありますが、この使い方は便利ですね。簡単が故に、難しくもありますが。

 

6. Determination

You just need a mat, some time and a bit of determination

何か重大な事やビジネス上の決定とだけ覚えていると、自分で決めたことというこの様な使い方がなかなかできないのではないでしょうか?

発音は[ditə̀ːrmənéiʃən]です。

 

7. Set in motion a cycle of results that continues all day long

If you begin your day with a few simple tasks, you set in motion a cycle of results that continues all day long

これを見て悪循環と好循環を思い出しました。

悪循環    vicious cycle        víʃəs

好循環    virtuous circle     və́ːrtʃuəs

これらの表現が思い出せない場合は、negative spiralとかpositive spiralでも通用するかもしれません。

 

8. As much as anything else.

It’s a form of meditation as much as anything else.

日本語でも「何はともあれ、何にしても」と言っても、あまり重要な意味はない場合があると思いますが、英語も同じかもしれませんね。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

As Much As Anything Else

Lyons says, “It’s a form of meditation as much as anything else.”

This is a bit tricky to explain. But basically, there are multiple factors – goals, whatever –and this is a key one. It’s just as big a factor, a goal, as any other.

Imagine you made a mistake in your work. You could say, ‘I think it was due to fatigue as much as anything else.’

So, multiple factors may have been involved, but ‘fatigue’ was a key one.

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 14 Moring Rituals (1)_夜型?朝型?Night owl

    このブログを読んで頂いている方の中に、または、NHKラジオ実践ビジネス…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 15(4)_Digitalはデジタル?

    マクドナルドと言えば、私が子どもの頃はご馳走でした。母の実家から自宅ま…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 18(5)_のように思われているconsidered

    今日はちょっと難しいかもしれないお話をしたいと思います。難しいかもしれ…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (5) 肉食系?草食系?

    MAG2NEWSでラッピングの記事が取り上げられています。再生回数…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 16(5)_Put offとcall off

    先日九州からの出張の帰りに鳥取で地震がありました。その影響で山陽新幹線…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (2) Pick up onは使えますか?

    HISの純利益が97%も減ったという衝撃的なニュースを見つけました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 18(5)_のように思われているconsidered
  2. メールマガジン

    2016年9月Lesson 12 Graying America (1) その2…
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (4)_changeと一緒に使う前置詞は ”in”
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 18(1)_食事の用意をするFix
  5. メールマガジン

    2016年9月Lesson 11 Pay It Forward (5) その1
PAGE TOP