2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder(4) その2

 

 

 

実践ビジネス英語でスピーキング

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?本日は、2016年10月Lesson 13 Hoarding
Disorder (4)で解説されています残りの5つの語句です。

 

 

5. Dislocation

Collins says, “The one simple answer is the four Ds: Death, Divorce, Disaster and Dislocation.”

When something is dislocated it’s put out of its usual or proper place or relationship.

Dislocation is the noun. When an athlete’s shoulder bone comes out of the socket, for example, that’s a dislocated shoulder. Or, ‘She dislocated her knee playing soccer.”

 

 

6. Traumatic

Grace says, “It’s easy to understand how traumatic events, such as the death of a loved one, can cause people to become hoarders.”

Something traumatic causes terrible emotional or mental distress, and this distress usually remains for a long time, it doesn’t go away quickly.

Witnessing a fatal accident can be traumatic. Likewise, bullying can be very traumatic for school children.

 

 

7. Loved one

This is the person we care about very much. I’d say we mostly use it about family members, relatives.

I’ve seen newspaper articles, for example, that talk about ‘how to help a depressed friend or loved one’.  Or, ‘how to recognize the signs of dementia in a loved one.’

 

 

8. Obsessive

Collins says, “An important thing to understand about obsessive hoarding is that it can lead to health hazards.”

Obsessive refers to focusing on something to an abnormal degree, you know, doing it to an abnormal degree.

For example, ‘He has an obsessive concern about cleanliness. He washes his hands over and over and can’t stand any dust on his desk.’ Or, ‘She’s obsessive about cleanliness.’

 

 

9. Mold

Collins says, “Having lots of junk around the house can result in problems like mold.”

If something has mold on it, it’s Moldy. ‘I threw out some moldy bread yesterday’, for example. Or, ‘Some of the school’s facilities were very old and moldy.’

 

 

5は脱臼ですね。

6の名詞はtraumaですね。発音は第1母音の音を気を付けてください。[tráumə]

7はHeatherさんのアドバイスに従てfamily members, relativesに対して使っていれば無難だと思います。

8は重要な表現です。潔癖症のような心理を表現できる形容詞ですね。また、to an abnormal degreeも重要な表現です。類似表現で”to some
extent”「ある程度は」は使っている人もいるかもしれませんが、どちらもスピーキング力向上のためには重要な表現なので、積極的に使っていきましょう。

9のmold[móuld]は型とか型をとるという意味ですが、カビという意味もあったのですね。

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年10月号及びCDを参考にさせて頂きました。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語にこだわっていません
  2. 最近の私の勉強方法
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder (1)…
  5. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?

関連記事

  1. 2017年

    Lesson 12 Staying Sharp (4) その他の語句の解説

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  2. 2017年

    Lesson 10 A Dinner Party With Strangers (2) その他の語句…

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. その他の語句の解説

    2016年9月Lesson 12 Graying America (4) その1…
  2. 2017年

    2017年6月 Lesson 5 Fostering Soft Skills (…
  3. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 5_101-105
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 4 (3) downtimeはどんな時間か知っていますか?
  5. その他の語句の解説

    メルマガも配信しています
PAGE TOP