メールマガジン

2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder(5) その1

 

 

 

実践ビジネス英語でスピーキング

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?本日は、2016年10月Lesson 13 Hoarding
Disorder (5)で解説されています最初の5つの語句です。

 

1. Trip

Collins says, “And people can trip and fall over clutter.”

Here, trip means: catch your foot on something and stumble.

It can also mean make someone stumble. Kids often trip each other as a joke, don’t they? And we say, ‘Trip over one’s own feet.’ This means stumble while walking but, not as a result of anything on the ground, we just stumbled.

 

 

 

2. The Opposite Problem

Lyons says, “Some people have the opposite problem; obsessive decluttering.”

This is a problem that is the opposite, the reverse, of something just mentioned or discussed.

You could say, ‘Jerry is often careless in his work, but Sally has the opposite problem. She obsesses over the tiniest details.’

 

 

 

3. Decluttering

Getting rid of unnecessary items.

And we use declutter as a verb. ‘I need to declutter my desk’, for example.

 

 

 

4. Tie Down

Lyons says his uncle started throwing out just about everything in his house that wasn’t tied down.

We often say ‘everything that isn’t tied down’ or ‘anything that isn’t tied down’ when someone will take a lot of things, too much.

 For example, ‘She has to be careful on vacation, or she’ll buy everything that isn’t tied down, as a souvenir.’

 

 

 

5. Go Too Far

Lyons says, “Some of it needed to go, but he really went too far.”

If we go too far, we take something to an excessive degree, and we say ‘take something too far’.

Things like, ‘It’s okay to express your opinion but, he went too far, contradicting the boss like that.’ Or, ‘He takes politeness too far. He lets people push him around.’ 

 

1のような基本単語はビジネス英語だけを勉強しているとなかなか身につかないものです。かといって、今更中学校のテキストで勉強するわけにもいきませんので、こういう機会に覚えてください。

2はopposite
[ɑ́pəzit]の第一母音の発音に注意しましょう。

3も片づけるという基本動詞です。1同様に覚えてください。

4も基本動詞が続きます。

5ですが、自然に使いこなすのはなかなか厄介ですね。例えば、ここでは、「捨てる」と「度が過ぎる」として使われています。慣れて使って慣れるしかないでしょうか。

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年10月号及びCDを参考にさせて頂きました。

 

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  2. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. メールマガジン2016年

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (2) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  2. メールマガジン2016年8月号

    2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (1)その1

    1は基本的な表現ですが、さらりと言えない人や言えないケースもあると思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン2016年

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  2. メールマガジン2016年

    2016年11月 Lesson 15 Embracing Sustainabil…
  3. メールマガジン2016年

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (2) その2
  4. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 28_立ち入り禁止です off limts
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (3)_Unpromptedは…
PAGE TOP