Lesson 9_Keep to時間制限

皆さんのご近所にはスタバはありますか?全国に1198店もあるスターバックス コーヒー ジャパンは

10月3日から、紅茶や緑茶などのティー商品を刷新する

スタバが満を持して挑む、日本の「お茶革命」

ということです。

私は個人的にはタリーズのハニーミルクラテが好きです。「熱めで砂糖控えめにして下さい」とお願いします。タリーズの店舗数は600ほどらしいので、スタバがどこに行っても見かけることも納得できます。

そのスタバの『ゆず シトラス&ティー』はどんな味がするのか気になるところです。

今日から、NHKラジオ入門ビジネス英語2016年5月号をとりあげます。

 


NHKラジオ 入門ビジネス英語 2016年 05 月号 [雑誌]

NHK CD ラジオ 入門ビジネス英語 2016年5月号

 

1. Keep to

We’re all quite busy today, so I’d like to keep this meeting to 30 minutes.

簡単な表現ですので、ぜひ使えるようになりたいですね。

 

2. Apologies

He sends his apologies.

発音ですが、「アポロジー」ではなく、[əpɑ́lədʒi]です。

「謝罪」から「出席できないことの謝罪」ということで、「欠席の連絡」とされています。また、13ページの例文では、「欠席者」となっています。

発音の練習はこちらのテキストを参考にして下さい。

 

3. Matter to deal with

He has an urgent matter to deal with.

このテキストでは何度も登場しましたが、名詞+to不定詞の表現です。

直近では、Lesson 8のブログの4です。

 

4. One of those things

No, it’s just one of those things, you know.

また、13ページのPractical Business Phrasesの3つ目では、one of those daysとあります。

ネイティブらしい表現ですね。この様な場面で使えますので、どんどん試してみてください。

 

5. Whether to

and whether to increase the number of staff in Paris

how toは使える人も多いと思いますが、例文の様にwhether toも使えるようになって下さい。

 

6. Business Phrase of the Day及びSimilar Expressionsより

ここでは、いくつかキーワードがあります。

reach a consensus [kənsénsəs]

reach a conclusion [kənklúːʒən]

reach a consent [kənsént]

come to an agreement

find a common ground

 

どれも重要な表現です。たくさんあって混乱する方は、どれか1つだけでも確実に使えるようになって下さい。

mutual consentのmutual [mjúːtʃuəl]ですが、mutually exclusiveはビジネスの場面で出てくる事もあると思います。「相容れない、相互排他的な」という意味です。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  2. 同じ先生が担当します!!
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder (1)…
  5. ネイティブの先生しかいません

関連記事

  1. 入門ビジネス英語

    Lesson 40_specialistかauthorityか

    先日和歌山旅行へ行ったときに、SUPをやろうと思っていたのですが、色々…

  2. 入門ビジネス英語

    Lesson 31_サージ

    アメリカの弁護士ドラマを見ていると皆さん口達者というか、交渉上手です。…

  3. 入門ビジネス英語

    Lesson 38_プレゼン

    私が通ったビジネススクールではプレゼンを学ぶ授業がありました。プレゼン…

  4. 2016年

    Lesson 44_startと一緒にwithも使いましょう

    「わからないことがわからない」から質問ができない。なるほど。確かにそう…

  5. 入門ビジネス英語

    Lesson 33_責任者はin charge

    前回で実践ビジネス英語の8月号が終了しましたので、9月号の準備ができる…

  6. 入門ビジネス英語

    Lesson 19_ちょっといいですか?

    MAG2NEWSに外資系に負けない。地域のスーパーが大手に勝てる「ある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 20 Food Market Trends (1)…
  2. 2017年

    Lesson 1 Artificial Intelligence Saves L…
  3. 入門ビジネス英語

    Lesson 18_Checkの対象は?
  4. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (2) その1…
  5. 4月号

    Lesson 2_Opportunityはmissしたくない
PAGE TOP