2016年10月 Lesson 14 Morning Rituals (5) その1

 

 

 

実践ビジネス英語でスピーキング

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?本日は、2016年10月Lesson 14 Morning Rituals (5)で解説されています最初の5の語句です。

 

1. Freshen

Collins says drinking the water freshens her breath.

Makes it fresh. Renews it. We use air-freshener, for example, to improve the air in a room.

It’s also common to say freshen up like, ‘I’m a little sweaty after walking around outside. I’ll just freshen up in the ladies room.’ Or, ‘She brought in some green plants to freshen up the office.

 

2. Suit Someone Best

Grace says, “I wonder what kind of morning ritual would suit me best.”

Be best. Be most appropriate for someone. The best match for their needs, desires, capabilities.

For example, ‘Casual clothes suit him best’, he looks best in them. Or, ‘Working in a team suits her best. She’s not the lone-wolf type.

 

3. Quarter of an Hour

Lyons says, “I read about one guy who spends a quarter of an hour drawing.”

15 minutes. We also say a quarter hour, like ‘I was still waiting a quarter hour later.’ We also say three quarters of an hour or 45 minutes.

You could say, ‘My commute takes about three quarters of an hour.’ Personally, my commute takes an hour and a quarter.
 

 

4. Work Best

Lyons says, “I think some form of physical exercise would work best for most people.”

Be most effective. Do the task best. Things like, ‘Positive reinforcement works best in motivating employees.’ Or, ‘This allergy medication works best for me.’

 

5. Prose

Collins says she likes to read and she prefers some good solid prose or poetry that stimulates the old gray matter.

Prose is ordinary writing as opposed to poetry. It’s closer to every day writing and speaking.

You could say, ‘He has a very concise prose style’, meaning he writes very briefly or efficiently. Or, ‘This writing competition has different prizes for prose and poetry.’

 

1は簡単かもしれませんが、freshは動詞ではないので、fresh
upと言っても通じないかもしれません。

2はsuitという簡単な動詞をこのように使えるかどうかですね。また、bestという副詞を添えることで効果的です。

3のquarterを使った時間の表し方に慣れておきましょう。例えば、2時15分はa quarter past
twoです。2時45分はa quarter to threeです。

4も2同様に基本動詞を使った表現です。こんな簡単な表現も、スピーキングの訓練をしていなければ、とっさに出てこないです。

5はあまりお目にかからないかもしれません。発音は[próuz]

 

NHKラジオ実践ビジネス英語2016年10月号及びCDを参考にさせて頂きました。

  

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. ネイティブの先生しかいません
  2. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  3. Lesson 10 (4) 皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  4. 実践ビジネス英語にこだわっていません
  5. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…

関連記事

  1. その他の語句の解説

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (1) その2

     実践ビジネス英語でスピーキング…

  2. 2017年

    2017年7月 Lesson 8 Heads Up! (5) その他の語句の解説

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  3. その他の語句の解説

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (1) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  4. 2017年

    2017年7月 Lesson 8 Heads Up! (1) その他の語句の解説

    こちらは「まぐまぐ」において発行済のメールマガジンを編集したものです。…

  5. その他の語句の解説

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (4) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 2017年

    Lesson 5 New Taxis in Japan to Be Bigger…
  2. 4月号

    Lesson 4_Forcastとfor
  3. MINAMIの日記

    英語の勉強方法
  4. その他の語句の解説

    2017年3月 Lesson 23 Money Matters (5) その2
  5. 入門ビジネス英語

    Lesson 40_specialistかauthorityか
PAGE TOP