Lesson 16(3)早速出てきたget things out of the way

ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビューという月刊誌を知っていますか?なかなか難しい雑誌です。ビジネススクールに通っている頃は定期購買して読んでいましたが、最近はさぼっています。その編集長が書かれた記事がありました。

「相性のいい相手」とどうすれば出会うことができるか

この記事では「相性」について書かれています。これは「共通点」で決まると解説されています。たしかに、同じような経験をしてきた相手ならば、異なる性格であっても相性は良いかもしれません。そして、その共通点は同じような経験だけではないとも言われています。

私にもこれに当てはまる相性の良い友達がいます。ある仕事で知り合い、今は別々の道を歩んでいますが、いまだに付き合いがあります。バックグラウンドは全く違います。もしこの友達との相性を良くしている共通点を上げるならば、向上心でしょうか?

 
NHKラジオ 実践ビジネス英語 2016年 11 月号 [雑誌]

 

1. Get things out of the way

And if you get things out of the way well before you have to, you free up your time so that you can take on tasks that comes up unexpectedly.

早速出てきました。これでもう使いこなせますね。

 

2. Free up

簡単で便利な表現です。freeは動詞としても使えます。前置詞のupも忘れないでください。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

McMillian says, “You free up your time so that you can take on tasks that come up unexpectedly.” If we free up something, we make something available that was occupied or in use. Such as, ‘I can free up some time on Friday for coffee.’ Or, ‘I threw away some clothes to free up space in my drawers.’

 

3. Come up unexpectedly

come upは基本的な動詞句ですが、使いこなせるように練習しましょう。unexpectedlyの発音も確認しておきましょう。[ʌ̀nikspéktidli]

 

 

4. Obviously

発音を確認しておきましょう。「オ―ビアスリー」ではなく、[ɑ́bviəsli]

 

5. Downside to

But isn’t there a downside to being a procrastinator?

何のマイナス面かを示すための前置詞はtoが使われていますね。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

Lyons says, “But isn’t there a downside to being a precrastinator.” A negative aspect. Things like, ‘One of the downside of this job is the constant travel.’ And upside means a positive aspect, as in, ‘One of the Upsides of this job is the generous maternity leave.’

 

6.Get something over with

Getting something over with isn’t necessarily the same as doing a good job.

get something out of the wayとはどう違うのでしょうか?

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

Ueda says, “Getting something over with isn’t necessarily the same as doing a good job.” Getting something over with is completing an unpleasant task or undertaking. Getting it out of the way. Nobody likes going to the dentist, right? But it’s important so we should go and get it over with.

 

7. Admittedly

発音は[ədmítidli]です。テキストでは「あくまでも」と訳されていますね。この様な使い方をすればよいのですね。

 

8. Barrel through

barrel[bǽrl]は動詞として使うよりも、銃身としよく知られているかもしれません。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

McMillian says, “We can make mistakes if we barrel through things.” If we rush through without hesitation or careful thought. Like a barrel rolling along. You could say, ‘He barreled through the presentation, going way to fast!’ Or, ‘She barreled through the store.’

 

9.本日の私の収穫

admittedly

 

10. あとがき

You can put our fires while they’re still small.

類似表現として、nip in the budやstrike while the iron is hotがあります。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  2. Lesson 13 Hoarding Disorder (5) 散らかったモノは…
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?
  5. オンサイト・レッスンに興味はありますか?

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 2 (4) 英語の勉強はupfront investmentですか?

    本日は実践ビジネス英語2017年4月号Lesson 2 (4)です。…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 (4) 除細動器の使い方知っていますか?

    弊社ではハイクオリティーなオンライン・レッスンを皆様にご提案しておりま…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 (4) あえて何かをすることもmake a point of

    弊社ではハイクオリティーなオンライン・レッスンを皆様にご提案しておりま…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 10 (2) 本日は16個の語句をとりあげています

    弊社ではハイクオリティーなオンライン・レッスンを皆様にご提案しておりま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 6 (1) look forは「募集する」として使えるのですね
  2. 2017年

    Lesson 2 ifを使った表現が2つ登場します
  3. その他の語句の解説

    2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (…
  4. 2017年

    Lesson 11 You’re を甘く見てはいけません
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 3 (5) what we callってどう使うの?
PAGE TOP