2016年11月 Lesson 15 Embracing Sustainability (5) その1

 

実践ビジネス英語でスピーキング

 

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

 

1. Do One’s Bit for:

Ueda says, “The bar industry is also doing its bit for the sustainability movement.”

When we do our bit, we make our contribution, we do what we can.

Remember when we were saving power because of the risk of blackouts. Restaurants did their bit by offering candlelight dinners.

 

2. Associate:

Ueda says, “One of my associates took me to a trendy upmarket bar in London.”

An associate, this is a person we have dealings with; that we interact with in a business setting. I’d say there is basic sense of equality here. I wouldn’t refer to my boss as my associate, for example.

But, it is okay to use this about someone who ranks lower. Probably because it sounds a lot nicer than saying, ‘this is my subordinate John’. It’s better to say, ‘this is my associate John.’

 

3. Upmarket:

Upscale; aimed at high income customers.

We also say down-market, but it’s not nearly as common. I did an internet search and upmarket had a lot more examples.

 

4. In the Long Run:

Ueda says, “Bar owners realize that various measures will help them save money in the long-run.”

Over a long period of time. From a long-term perspective. Saving just a little at a time will add up in the long-run.

We also say, in the short-run like, ‘Updating our software may be expensive in the short-run but it will yield long-term benefits.’

 

5. Pre-chilled:

Ueda says the bar he went to uses pre-chilled drinks and glasses.

The drinks and glasses are chilled in advance.

Likewise, prepaid means paid in advance. ‘I gave my husband a prepaid card for his birthday so he could buy music online.’

 

 

1ですが、実はLesson 11 Pay It Forward (2)でも登場しております。弊社のブログで解説しています。7番です。

 

2は解説が参考になりますね。上司をassociateと言うわけにはいきませんが、部下をsubordinateというよりもassociateを使うほうが良いかもしれません。また、この単語は名詞でもあり動詞でもありますが、発音が異なります。違いわかりますか?弊社のブログの6を参考にして下さい。

 

3は聞きなれない人はこの際覚えて使って見ましょう。

 

4は良く使うのではないでしょうか。解説の様にrunではなくtermも使われますね。

 

5写真のような例もpre-chiledを使って良いのでしょうか?

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 10 (4) 皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  2. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  3. 最近の私の勉強方法
  4. Lesson 3 (1) 丁寧な英語を目指しましょう
  5. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?

関連記事

  1. メールマガジン

    2017年2月 Lesson 22 Casual Dress Revolution (2) その2

    develop a sense forのdevelopの使い方は役立つ…

  2. 2017年

    2017年5月 Lesson 3 Fitting into a New Culture (3) その…

    NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その…

  3. メールマガジン

    2017年3月 Lesson 23 Money Matters (3) その1

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. メールマガジン

    メルマガも配信しています
  2. 過去の名作

    2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 24 (5) たとえ~でも
  4. 入門ビジネス英語

    Lesson 28_立ち入り禁止です off limts
  5. 2017年

    2017年7月 Lesson 8 Heads Up! (3) その他の語句の解説…
PAGE TOP