実践ビジネス英語

Lesson 16(5)_Put offとcall off

先日九州からの出張の帰りに鳥取で地震がありました。その影響で山陽新幹線に遅れが出ました。新大阪駅に到着した時は19時ごろだったと思いますが、プラットフォームにも切符売り場にも多くの人が並んでいました。特に、新幹線窓口や券売機の前は長蛇の列でした。新幹線の切符はネットで買えるのですが、いまだに窓口で買う人が多くいるのですね。

事情は色々あると思います。ネットで買えることが知らない人は遅かれ早かれ利用することになるかもしれませんが、社名入りの領収書を発行してもらう必要があるので、並ぶ人があると聞いたこともあります。いまだにそんな会社が本当にあるのでしょうか?

私の友人はコーポレートクレジットカードを使う必要があり、個人で契約しているクレジットカードが使えないために、ネットで予約はできるのですが、券売機で発券をする必要があり、非効率的だとぶつぶつ言っていました。彼女の会社は外資で外国にある本社は日本の事情なんていらないし、日本法人の財務部は本社に異議を唱えなかったそうです。新幹線を利用する部署の人たちからはブーイングの嵐だそうです。

  
NHKラジオ 実践ビジネス英語 2016年 11 月号 [雑誌]

 

1.Put off

But putting things off can actually be good for creativity.

 put offとcall offの使い分けはできますか?私は受験勉強でさんざん覚えたおかげで、よく覚えています。受験英語も弊害ばかりではないですね。まじめに勉強された方が、その後スピーキングという実践に舵を切っていけば、高校時代に学んだことは決して無駄にはなりません。

 

2. A form of denial

That can be a form of denial, of course.

なんでもない表現かもしれませんが、意外とこういう表現ができない人が多いのではないでしょうか?このテキストには頻出しています。参考までに、右側のSearchを使ってformを検索してみて下さい。

denialに関するHeatherさんの解説は以下の通りです。

 

Collins says, “That can be a form of denial of course.” The refusal to acknowledge what is really happening; the true situation. You could say for example, ‘He’s in denial about his heart problems. He says ‘I’m fine, I’m fine.’ But he needs medical treatment.’

 

3.Come up with

But in my case, at least, the time I spend procrastinating is also when I often come up with great ideas.

come up withとcatch up withの違いはわかりますか?こちらも、私は受験勉強のおかげで使い分けることができ混乱することはありません。

 

4.Lose sight of

I don’t lose sight of what has to be done, and the increasing anxiety I feel about meeting my deadline can stimulate me to come up with those ideas.

この様に話すことはなかなか難しいと思います。lose sight ofもそうですが、what has to be doneは言えますか?

anxietyの発音は[æŋzáiəti]です。

発音の練習はこちらを参考にして下さい。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

Collins says, “I don’t lose sight of what has to be done and the anxiety stimulates me to come up with ideas.” If we lose sight of something we forget about an important thing because we are preoccupied with something else, we don’t factor it into our actions. Like, ‘It’s good to work hard but we mustn’t lose sight of our personal needs.’ Or, ‘We mustn’t lose sight of what our customers want.’

 

5. At what cost

簡単で役立ちそうな表現です。

 

6.Frantic last-minute push

I need a few days to recover after that kind of frantic last-minute push.

last-minuteは後に来る名詞を変えて色々応用できそうですね。

また、発音ですが、frantic [frǽntik] last [lǽst]、それぞれ注意しましょう。

franticに関するHeatherさんの解説は以下の通りです。

 

McMillian says, “I need a few days to recover after that kind of frantic last minute push.” Frenzied; extremely hurried. ‘She finished her taxes in a frantic rush right before the deadline.’ It could also mean panicked. Like, to use the adverb, ‘He was frantically searching for his lost plane ticket.”

そして、last minute pushに関しては以下の通りです。

 

In this case, push means an effort to get something done. Pushing something along or you’re pushing through something. Imagine you’re working on a big project, you say, ‘Just one more push and I’m done!’ Just one more effort.

 

7. Middle way between

When you get right down to it, the best thing is to find a middle way between the two extremes.

 これはなかなか役立つ表現ではないでしょうか?

 

8. 今日の私の収穫

at what cost、last-minute、middle way between

 

9. あとがき

本日でLesson 16が終了しました。12月号が発売されるまで、しばらくは入門ビジネス英語6月号(12月号)をとりあげたいと思います。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  2. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 16(1)_覚えていますTrait

    スティーブ・ジョブズは毎日同じ格好をしていたことは有名ですね。お気に入…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 14 Moring Rituals (3)_Firm believerと言っても迷信を…

    先日九州の小倉へ出張してきました。駅ビル直結のホテルに泊まりました。お…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (3)_particularの発音に注意

    今日はランチにさくらんぼを頂きました。昨日の晩、近くのスーパーで買った…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノはClutter

    先日の海外出張による後遺症がまだ続いています。時差ぼけです。向こうにい…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 16(4)_前置詞onの使い方の例

    先日JR九州をとりあげました。そして、それに関連した記事を見つ…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 9 (3)_結婚は注意点が2つ?

    昨日の7月26日は「幽霊の日」らしいです。なんか不気味ですが、「東海道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 15 (1)_Compatriot あまり使わないかも? 
  2. メールマガジン

    2016年9月Lesson 12 Graying America (1) その1…
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 16(3)_早速出てきたget things out of the…
  4. 入門ビジネス英語2016年4月号

    Lesson 8_Get one’s name out知名度を上げる
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 9 (1)_insight と into
PAGE TOP