2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done Early (2) その1

  実践ビジネス英語でスピーキング

 

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

 

1. Major In:

Lyons says, “When I was in college, I majored in procrastination.”

Technically this means study as your main course of study. I majored in Asian Studies, for example. But Lyons is joking here. He means, he did a lot of procrastinating in college.

Other examples could be, ‘I majored in junk food in college.’ Or, ‘I majored in partying.’

 

2. Cram For a Test:

Lyons says: “I don’t know how many all-nighters I pulled to finish a paper or cram for a test.”

In this case, cram means do a lot of studying, a lot preparation in a short period of time. Like you’re cramming, stuffing a lot of study in to a small place.

When I was in high school, I used to eat chocolate covered coffee beans when I was cramming for tests. Those kept me awake all night!

 

3. Something Like:

Collins says: “I read about a survey that found something like 20% of adults in America are chronic procrastinators.”

Here something like means about, approximately.

‘He’s travelled to something like 20 countries.’ Or, ‘Dinner at that restaurant cost something like 5000 yen per person.’

 

4. Chronic

Here chronic means habitual behavior.

Something a person does over and over for a long time. ‘A chronic worrier’, for example, or ‘A chronic gambler.’

It can also mean lasting for a long time or recurring like, ‘She has chronic chest pain.’ Or, ‘The Company has a chronic problem with quality control.’

The nuance in all these cases is always negative. Chronic refers to bad situation or behavior.

 

5. On the Other End of the Scale:

Ueda says, “I am on the other end of the scale.”

He’s at the other end, the other extreme of some behavior, cost.

‘On the other end of the spectrum’ is okay too. Like, ‘This budget hotel charges 7000 yen a night. On the other end of the spectrum is this luxury hotel whose rooms start at 50,000 yen.’

1は発音を確認しておきましょう。[méidʒər]です。また、自動詞ですので前置詞が必要です。inが使われています。専攻するをmajorを使うことは知っていても、これらの点を見落としている人は気をつけましょう。

2はclam school=塾として覚えている人も多いのではないでしょうか。発音は[krǽm]です。

3ですが、英語が喋れるようになってくると、something like thatを連発する人がいます。良いのか悪いのかわかりませんが。

4は発音は[krɑ́nik]です。

5は、良い表現だと思います。on the other handと言える人は多いかもしれませんが、この表現も使えるようになって下さい。解説にあるspectrum [spéktrəm]も併せて覚えておきましょう。

 

※NHKラジオ実践ビジネス英語2016年11月号及びCDを参考にさせて頂きました。

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  2. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?
  3. 2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder (1)…
  4. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  5. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …

関連記事

  1. その他の語句の解説

    2017年3月 Lesson 23 Money Matters (1) その1

    「知る権利がある」と言う場合、どの動詞を使いますか? …

  2. その他の語句の解説

    2017年1月 Lesson 19 Wellness at Work (3) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

  3. その他の語句の解説

    2016年9月Lesson 12 Graying America (5)

    まぐまぐにおいてほぼ毎日メールマガジンを配信しておりますが、都合により…

  4. その他の語句の解説

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (2) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. その他の語句の解説

    2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (…
  2. 2017年

    Lesson 4 A Taste of the Past Part 1 adap…
  3. MINAMIの日記

    実践ビジネス英語の過去のテキストを取り上げます
  4. MINAMIの日記

    ネイティブの先生しかいません
  5. 2017年

    2017年7月 Lesson 7 Understanding the Mille…
PAGE TOP