入門ビジネス英語

Lesson 22_Marketingはsales?

コンビニATMは非常にありがたいです。24時間365日手数料なしで利用できるからです。この記事にはセブン銀行の前身であるアイワイバンクが登場しますが、なんと懐かしい。

MAG2NEWS 手数料を取られて泣いた人が知っておきたい「コンビニATM」の歴史

コンビニATMは手数料で儲かっていると聞いたことがあります。例えば、私はA銀行の口座を持っておりそこに入金出金をしますが、その際、セブン銀行はA銀行に手数料をチャージするわけです。私は手数料を取られません。A銀行にすれば負担のように思えますが、実はATMを設置維持するほうがもっと費用が掛かるそうです。

また、この記事では、セブンイレブンを経営するお店のオーナーにとってもATMはありがたいとあります。なぜなら、お店の売上をこのATMに入金できるからです。銀行にもっていかなくて済むわけですね。なるほど。

 

1. Marketing

My job involves marketing quality suits to department stores and retailers in Japan.

日本語訳を見ると「売り込む、販売する」とあります。marketingは「マーケティング」ではないのか?salesの意味もあるのか?と思われた方は、salesとmarketingの関係を理解する必要があります。

marketingは広い意味があり、会社によっても使われ方や、仕事の内容が異なっていると思います。しかし、モノを売るための努力をするという役割はどの会社においても同じであり、その点はsalesと共通しているのです。しかし、marketingの仕事をしている人は、直接顧客と会って、値段・納期・品質等の細かい打ち合わせをしないことが多いと思います。この点が純粋な営業活動とは異なる点です。

私が以前勤めていた外資の会社では、マーケティング部が人材募集をすると女性しか応募してこず、営業は男性がほとんどだと聞いたことがあります。そして、マーケティングをしている人は営業の経験がなく、営業マンはマーケティングの経験がない人ばかりでした。そんな組織では、marketingが何かを売り込むという意味があると言ってもピンと来ないかもしれません。

qualityの発音は[kwɑ́ləti]ですが、名詞だけではなく形容詞としての意味も覚えて使える様になっておきましょう。

発音はこちらの教材を参考にして下さい。

 

2. Vital

We’re a small company, so it’s vital to create new partnerships in East Asia.

vital以外にに、important, critical, crucial等も使えると思います。

create [kriéit]、partnership [pɑ́ːrtnərʃìp]の発音も確認しておきましょう。partnershipの語尾のshipとコーヒーをすするsipの音の違いはわかりますか?自信のない人はこちらのブログの133を参考にして下さい。

 

3. Experience

My international business experience and my extensive human network in Europe.

「エクスペリエンス」ではなく、[ikspíəriəns]です。extensiveは[iksténsiv]です。

human networkは「人脈」ですね。

 

4. Language

Japanese and Italian are my native languages

languageを正しく発音できる日本人はどれくらいいるのでしょうか?ほとんどの人は「ランゲージ」と発音するのではと思います。[lǽŋgwidʒ]です。「ラ」に該当する音が違います。「ゲー」という音はそもそもありません。語尾の「ジ」と言う音は日本語の音とは異なっています。

 

5. Conversational

発音は[kɑ̀nvərséiʃənəl]です。日常英会話と言いたいときには、この単語を使えば良いのですね。

 

6. Business Phrase of the Dayより

asset [ǽset]は日本語にもなっていますので、発音に注意です。本来の「資産」の意味の理解も重要ですが、ここでは取りあげず別の機会にします。

 

7. Similar Expressions

1番目の例文のcandidateですが、associateは名詞と動詞で発音が変わると下記のブログので6で解説しましたが、この単語は名詞だけです。そして発音は[kǽndidèit]です。混同しないようにしましょう。

3番目例文のbring to this jobに関連して、bring to the tableという表現をご存知でしょうか?

 

8. Words & Phrasesをマスターより

❷何のspecialistを示すための前置詞はinが用いられています。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …

関連記事

  1. 入門ビジネス英語

    Lesson 24_knowledgeの知識はありますか?

    MGA2NEWS 日本の女性がイライラしだしたのは、女性指導者のせいで…

  2. 4月号

    Lesson 2_Opportunityはmissしたくない

    先日カーシェアリングをした際にお借りした車の純正ナビの精度の悪さをとり…

  3. 4月号

    Lesson 5_Fortuneは大金

    Uberは日本では上手くいっていないとお話をいたしましたが、下…

  4. 入門ビジネス英語

    Lesson 39_仮定法過去完了

    大学受験勉強で、仮定法や仮定法過去完了の問題は何度も解きました。文法と…

  5. 入門ビジネス英語

    Lesson 11_Break-even point 損益分岐点って何?

    アイルランドに行ったことはありますか?アイルランドと言えば、イギリスの…

  6. 入門ビジネス英語

    Lesson 40_specialistかauthorityか

    先日和歌山旅行へ行ったときに、SUPをやろうと思っていたのですが、色々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  2. 入門ビジネス英語

    Lesson 46_引き継ぎhand over
  3. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 14 Morning Rituals (4) そ…
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 10 (5)_Ruleはfollow・・・
  5. 入門ビジネス英語

    Lesson 22_Marketingはsales?
PAGE TOP