入門ビジネス英語2016年

Lesson 23_コリア―?韓国?

シャープが2年ぶりに営業黒字になったそうですが、

この赤字幅の縮小は今回の決算から液晶事業に組み入れられたテレビ事業の貢献が大きい

ということで、去年までカウントしていなかったモノを今年カウントしたので黒字になったということなので、手放しには喜んでいられないですね。

東洋経済ONLINE シャープ、2年ぶりの上期黒字は「本物」なのか 戴正呉・新社長、「不平等契約」の見直しを宣言

また、赤字の原因であるソーラーパネルの原材料のポリシリコンの「不平等契約」をホンハイの力を使って解消や見直しをするということですが(契約締結当時は不平等ではなかったはずだと思いますが)、そんなことが本当にできるのでしょうか?契約書の解消や見直し条項がそれを認めているなら話は早いのですが、それを超える力で圧力をかけるようであれば、それにかかわる人たちの苦労は大変なものだと想像します。

かつてのシャープはベンダーに対してかなり強気で強引な取引をしていたと聞きます。シャープを顧客に持った営業マンのストレス話を聞いたこともあります。この点もシャープ崩壊の原因の1つだと思いますが、ホンハイはどうやってシャープを再生させるのか、ここ数年の動きは注目です。

 

1. Career

What has been the biggest challenge in your career?

career [kəríər]とcarrier [kǽriər]とKorea [kəríə]の違いを明確にしておきましょう。

発音はこちらの教材を参考にして下さい。

 

2. Almost

Well, a few years ago, I almost lost a deal with a large client.

almostの発音ですが、「オールモスト」と発音している人はこれを機会に気を付けて下さい。[ɔ́ːlmoust]です。

 

 

3. Value of

Maybe I had relied too much on the value of ‘Made in Italy’.

なんでもない表現かもしれませんが、スピーキングに苦労してひる人にとっては、これを覚えておけば役立つのではないでしょうか。

rely onは受験英語以来のお馴染みの表現でしょうか?間にtoo muchを入れてちょっと応用しています。

 

4. 仮定法過去完了形

If I had lost the deal, it would have been a huge blow to our business.

高校時代に習った仮定法過去完了形の文章です。仮定法が理解できない人は、文法のテキストで学ぶ必要があると思います。今更高校のテキストを使うわけにもいきませんので、何か良いテキストがあれば、教えて頂けませんか?

仮定法の例文としては簡単ですが、この様な内容は高校のテキストには出てこないと思います。ビジネス英語ですから。

huge [hjúːdʒ] blow [blóu] to our businessは良い表現だと思います。発音にも気を付けて下さい。blowの過去形と過去分詞形はblew [blu:]、blown [blóun]です。

 

5. Practical Business Phrasesより

1番目の例文のlong-standing [lɔ́ːŋstǽndiŋ]は重要な単語だと思います。

2番目の例文のtoo heavilyはtoo mcuh一辺倒にならないように覚えて使いたい表現です。

a handful [hǽn(d)fùl] ofも積極的に使っていきましょう。

冒頭で取り上げたシャープもこの様な状況だったのではないでしょうか?

3番目のcome asは重要です。原因+come as+結果のように使われていると思います。

 

6.Words & Phrasesをマスター

❶majorは「メジャー」と発音しないように気をつけましょう。[méidʒər]です。

❷何のincreaseかを示す前置詞はinです。

❹distributorの発音の注意点はこちらのブログの157を参考にして下さい。

 

❺人に同意するとき前置詞はwithですが、ここではtoが契約に使われています。

❽machineの発音の注意点はこちらのブログの2を参考にして下さい。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  2. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  3. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…

関連記事

  1. 入門ビジネス英語2016年4月号

    Lesson 8_Get one’s name out知名度を上げる

    飛行機の機内食についてどう思いますか?出されると食べないと損という気持…

  2. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson20_出張中です

    「教えること」と「指導すること」は違うのはわかります。ではどう違うので…

  3. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 22_Marketingはsales?

    コンビニATMは非常にありがたいです。24時間365日手数料なしで利用…

  4. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 32_思ってもみなかった

    以前、アメリカのドーナツ屋さんを採り上げましたが、今回は日本のドーナツ…

  5. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 30_ステレオタイプ

    IKEAの店舗内は楽しいですね。何も買わなくても、お店に入って出ていく…

  6. 入門ビジネス英語2016年4月号

    Lesson 6_Furtherとfatherの発音

    入門ビジネス英語のテキストの良いところは、ビジネスに欠かせない単語やイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 入門ビジネス英語2016年

    Lesson 32_思ってもみなかった
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (3)_particularの発音に注意
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 12 Graying America (3)_Necessaril…
  4. メールマガジン2016年

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  5. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 14 Morning Rituals (5) そ…
PAGE TOP