Lesson 29_mustに現在完了形?

東洋経済ONLINE クリスピー・クリーム、「大量閉店」の全真相

この記事をとりあげたいと思います。

私は一度だけ食べたことがありますが、また行こうとは思いませんでした。理由は、①お店が自分の生活圏内の場所ではない、②他店との違いが良く分からない、③スウィーツはそう滅多に食べない(他にも選択肢がある)からです。

反対に、行こうと思った理由は、❶話題になっていた、❷何か違う味(モノ)を期待していた、❸おしゃれな感じがした、からでした。もし、❷が期待通りで、❸にプレミアム感を持たせてくれたのであれば、頻度は決して高くないかもしれませんが、また行こうという気分になったと思います。

日本(日本人)にはドーナツを多く食べる文化はないと思いますが、既に国内に大きな競合メーカーが存在し、日本の外食産業は激戦地区なので参入が容易ではないという事を、この会社は参入当時どのように考えていたのでしょうか?2012年3月期に純利益4.9億円は立派だと思いますが、翌年1.4億円、2015年3月期にいたっては閉店費用がかさんだことで、純損失8.1億円とありますが、これをどうやって立て直すのか注目です。

社長の岡本さんは、

「サービスについても、従来のスピード重視から、地域の特性に合わせて、『また来たい』と思ってくださるような店舗や、居心地の良さや楽しさなど、ホスピタリティのあるサービスに転換していく」

とのことですが、固定費がたくさんかかる間接的な戦略に思えます。売上が上がらず損益分岐点を超えることができないため閉店したのだと思いますが、上記の施策でドーナツの売上が上がるのでしょうか?もっともっと直接的な方法でドーナツを1個でも多くの人に売る事を考えたほうが良いのではと思いました。

 

 

1. Must have enjoyed

You must have enjoyed the holiday.

You must be tiredやyou must be Robertは比較的話すのは簡単だと思いますが、過去のことを話題にしようとすると、この様に現在完了形を使う必要があるのですが、なかなか話せない人も多いと思います。①現在完了形がそもそもわかっていない、②このように話す話し方になれてない、事が考えられます。①は文法書を読んで勉強すれば解決すると思いますが、多くの人は②でつまずいているのではと思いす。練習が必要ですね。

 

2. Open

I find it very open.

「オープン」と伸ばした発音ではなく、[óupn]です。ここでは、風通しが良いという意味です。他にも、様々な意味があります。数年前に、アメリカ人と一緒に仕事をしていて、What would you like to eat?と聞いたところ、彼女はI’m openと答えました。「あなたの食べたいものを言ってくれればそれで良いですよ、何でも良いですよ」という意味だったのです。

発音の練習はこちらの教材がおすすめです。

 

3. Diversity

We take diversity very seriously.

diversityの発音ですが、「ダイバーシティ―」とカタカナ読みをしないようにしましょう。[dəvə́ːrsəti]

また、ここでは不可算名詞として使われています。

 

4. Contribution

We need the ideas and opinions of local employees in order to make social contributions.

「コントリビューション」ではなく、[kɑ̀ntribjúːʃən]です。「コ」に該当する音に注意が必要です。

このページでは、make a contribution、make a decision (decision-making)とmakeを使った重要な表現が登場しています。

 

5. Similar Expressions

1つ目の例文ですが、get along withは良く使う重要な表現だと思いますので、覚えて使えるようになって下さい。

2つ目ですが、maintainを使う言い方以外に、strike a right balance betweenというのもあります。

こちらのブログの5も参考にして下さい。

 

3つ目の、sense of は色々と応用できます。sense of humorはお馴染みですが、sense of satisfactionは「やりがい」です。

 

6.Words & Phrasesをマスターより

❺componentの発音は[kəmpóunənt]ですので、「ポー」と伸ばさないようにしましょう。

❻moraleとmoralの違いはわかりますか?曖昧な方はこちらのブログの5を参考にして下さい。

 

❼hardとheardの発音の違いはわかりますか?[hɑ́ːrd]と[hə́ːrd]です。heartは?[hɑ́ːrt]です。

staffとstuffはどう違いますか?こちらのブログの7を参考にして下さい。

 

❽何度も登場していますが、managementの発音は「マネージメント」ではありません。managerとともに確認をしておきましょう。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語にこだわっていません
  2. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  3. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  4. Lesson 3 (1) 丁寧な英語を目指しましょう
  5. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?

関連記事

  1. 2017年

    Lesson 16 効果的な形容詞

    形容詞と言っても、普通の教科書に出ている典型的な形容詞だけではないので…

  2. 2017年

    Lesson 10 focus onですか?socialize inです

    まずは、よく使われる動詞句を紹介します。1.Specializ…

  3. 2017年

    Lesson 5 留守電のメッセージ

    弊社ではハイクオリティーなオンライン・レッスンを皆様にご提案しておりま…

  4. 入門ビジネス英語

    Lesson 33_責任者はin charge

    前回で実践ビジネス英語の8月号が終了しましたので、9月号の準備ができる…

  5. 4月号

    Lesson 2_Opportunityはmissしたくない

    先日カーシェアリングをした際にお借りした車の純正ナビの精度の悪さをとり…

  6. 6月号

    Lesson20_出張中です

    「教えること」と「指導すること」は違うのはわかります。ではどう違うので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 2017年

    Lesson 14 Study to Regenerate Spinal Cor…
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 16 (5) なぜ「デンジャラス」になったのでしょうか?
  3. その他の語句の解説

    2017年2月 Lesson 21 Boomerangers On the Ri…
  4. 2017年

    Lesson 10 A Dinner Party With Strangers …
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 18(2)_Partyパーティー?
PAGE TOP