実践ビジネス英語

Lesson 17(2)_I have to sayって言えますか?

皆さんは働きすぎだと思いますか?仕事が楽しくて結果的に働きすぎなのでしょうか?それとも、仕事の量が多くて忙しいですか?

下記のニューズウィークの記事によりますと日本人は働きすぎのようです。

途上国型ワーカホリックから、いまだに脱け出せない日本

この記事の中の2つ目のチャートに注目して下さい。「仕事に重きが置かれなくなるのは良いことだ」と考えない人が、先進主要国に比べて、日本は極端に少ないことがわかります。

しかし、この調査は、フェアな調査だったのでしょうか?この質問が「ワークライフバランスを最適にすることは良いことだと思いますか?」であれば、おそらく、結果は異なったものになっていたのではないでしょうか?

日本人は勤勉なので、「仕事に重きが置かれなくなるのは良いことですか?」と質問すれば、たいていの人は「そうは思わない」と答えると思います。私もそう答えます。それは、楽して(ずるして)儲けようという精神や根性を嫌うからです。

ただし、この記事にもあるように、24時間営業や即日配達サービスなど便利なサービスを享受できるようになった背後には、忙しく働いている人(働きすぎている人)がいることを忘れてはいけません。

 

 

1. I have to say

I have to say that my generation is particularly guilty as charged in this respect.

簡単な表現ですが、この様に言える日本人はそんなに多くないのではと思います。

 

2. Guilty as charged

過去には似たような表現が登場致しました。

I’m as guilty as the next person in that regard.

(NHK実践ビジネス英語2013年6月号P10)

 

3. Though in our defense

Though in our defense, I’d point out that most members of my age group have grown up in a world where we don’t have to wait for anything.

言い訳がましく聞こえるかもしれませんが、自分の主張をするときに役立つ表現だと思います。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

Wu says, “In our defense I’d point out that most members of my age group have grown up in a world where we don’t have to wait for anything.”

In one’s defense/In someone’s defense is often used to justify or explain a person’s actions or their position.

For example, ‘Yes, John fell asleep at the meeting, but in his defense he’s been working very hard.’ Or, ‘Yes, I know I missed the deadline, but in my defense I was given this work at the last minute

 

4. My age group

generationの代わりにこの言い方も簡単でインパクトがあると思います。

 

5. Perceived need for

This perceived need for instant gratification isn’t anything new.

発音は[pərsíːv]です。何のneedかを示すための前置詞はforが使われています。

発音の練習はこちらの教材がおすすめです。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

McMillan says, “This perceived need for instant gratification isn’t anything new.”

Here perceived means viewed. Seen as existing.

We have the term perceived risk for example, which means the risk that is believed to accompany something. That’s the risk that is believed to exist regardless of whether it actually exists or not. So like, ‘the perceived risk to an investment.’

 

6. Wear thin

And our patience has worn thin as a result.

wearの過去形と過去分詞形を確認しておきましょう。

wear [wέər]、wore [wɔ́ːr]、worn [wɔ́ːrn]

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

McMillian says, “Our patience has worn thin as a result.”

It’s very common to use wear thin together with patience. It means a person’s patience is running out. Like, ‘She’s always late with her work and my patience is wearing thin.’

We also say wear thin when something is less effective because it’s been done or used too much. Like a piece of fabric that is wearing thin. You could say, ‘He always blames his computer when his work is late and that excuse is wearing thin.’

 

7.You have people 

It’s why you have people at theme parks paying for a priority pass so they don’t have to wait in line.

これはなかなか日本人には難しい表現です。

 

8. Wait in line

waitだけでも良いと思いますが、in lineを1つ加えると印象が違うと思います。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

Or as a British person might say, ‘Queue’. And that can be a verb or a noun.

A British person might say, ‘There was a very long queue to get tickets.’

An American would say, ‘There was a very long line.’

 

9. Willing to pay the extra charge for

In my case, I’m usually willing to pay the extra charge for same-day delivery of stuff I order online, such as best-sellers.

ビジネススクールで学んでいたころ、extra willingness-to-pay forと言う表現が教科書に出てきたのを思い出しました。

 

10. Be chained to

It’s as if we’re chained to our smartphones.

Lesson 13 (5)では次のような類似例文がありました。

A few years ago, my uncle started throwing out just about everything in this house that wasn’t tied down, including various family heirloom.

 

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

McMillan says, “It’s as if we are chained to our smartphones.”

If we’re chained to something we can’t get away from it. We are near it or interact with it all the time.

‘She’s chained to her desk all day,’ for example, ‘she even eats lunch there.’ Or, ‘He’s practically chained to his boss’ side.’

 

11.本日の私の収穫

Though in our defense

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  2. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 10 (5)_Ruleはfollow・・・

    山陽新幹線に出張で乗ることもありますが、トンネルが多いのでネットはほと…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 19(3) 登校拒否?

    amazon goを知っていますか?amazon goこのビデ…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (4)_否定で強調

    今日のビニエットにcheckout lineが出てきます。レジ待ちの列…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 16(2)_もっと使えるようになりたいseem

    「ほぼ」ではなく「ほぼほぼ」と言う人が出てきました。これに対しては、若…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 19(1) Remind+人+toです

    会社の同僚と飲みに行くときに是非参考にすべき記事があります。ダイヤ…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 14 Moring Rituals (1)_夜型?朝型?Night owl

    このブログを読んで頂いている方の中に、または、NHKラジオ実践ビジネス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 入門ビジネス英語

    Lesson 10_Run through目を通す
  2. 入門ビジネス英語

    Lesson 13_ハウツーがあるならウェザーツーは何故ない
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (5) 肉食系?草食系?
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 12 Graying America (1)_Additional…
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 9 (2)_有給を取る権利がある be entitled to
PAGE TOP