実践ビジネス英語

Lesson 18(1)_食事の用意をするFix

「独裁」と「独断」について興味深い記事があります。

ダイヤモンドオンライン 良いリーダーは「独裁」しても「独断」はしない

衆知を集めた上での自分の判断は独断ではありません。そして、決めた後は、“独裁者”となって、部下にとことんやらせる。ここも大事です。

衆知を集めて判断するのは結構だと思いますが、そのポジションにふさわしくない人がリーダーになっていると、正しい判断ができるのかどうか不安に思います。そんなリーダーが独裁をすると、会社は間違った方向に向かうと思います。

反対に、正しい判断ができたとしても、独裁できるほどの強いリーダーシップがないと、部下が反抗したりなまけたりして、やはり正しい方向に向かっていかないように思います。

独断しないことと、独裁することは、共に必要な事なのですね。

 

 

1.Fix

I make a salad sometimes and fix my breakfasts, but most of the time I go out to eat.

この様な使い方があるのですね。私は知りませんでした。

 

2.Go out to eat

eat outやdine outでも良いと思いますが、スピーキングに慣れていない人は喋れないものです。

 

2. Joint

It’s easy to stop by a sushi joint and sit at the bar.

リスニングに苦労する理由は様々あると思いますが、よく言われているのが、単語を知らない、バッググラウンド知識がない、単語の音を理解していないなどです。この短い例文をもしネイティブが言った場合、すし屋のカウンターに座るイメージが頭に浮かぶでしょうか?jointにお店の意味がある事を知らないと、誤解をするかもしれません。すし屋に入った後バーをはしごしたのかと思うかもしれませんね。

 

3. Solo diners

I also have some favorite restaurants that are friendly to solo diners.

Lesson 18のテーマに関する重要なキーワードです。soloの発音は[sóulou]です。過去には在宅勤務か何かの話題でsolo projectが出てきました。この後登場するかもしれませんが、single person householdも重要なキーワードです。

発音の練習はこちらの教材がおすすめです。

 

4. Go out of one’ way to

I’ve noticed that many hotels and restaurants are going out of their way to make solo diners feel more comfortable now that more and more people are eating alone.

11月号のLesson 15でも登場しました。こちらのブログの2で取り上げています。

 

5.Eat alone

これもキーワードです。

 

6.Quite

It’s quite a change from the old days.

quiteを有効的に使えていますか?quite a lotやquit a few等もよく聞く表現です。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

Collins says, “It’s quite a change from the old days.”

Ah! The old days. I find myself using this phrase more and more lately. It means a long time ago when things were different.

For example, ‘Back in the old days I wrote school reports by hand.’ Or, ‘Back in the old days no one had cellphones.’

 

7. Eat by yourself in public

Eating by yourself in public used to be like wearing a sign around your neck that said, “I don’t have any friends.”

これもキーワードです。

 

8. Wear a sign

なかなかこのように言える日本人はいないと思います。言える人がいれば私は尊敬すると思います。相当勉強していると思うからです。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

Collins says, “Eating by yourself in public used to be like wearing a sign around your neck that said, ‘I don’t have any friends’.”

When something is incredibly obvious because of our actions. We are not actually saying it, no one is saying it, but it’s clear from our actions.

 

9. Be seated alone

Women usually couldn’t be seated alone.

これもキーワードです。

Heatherさんの解説は以下の通りです。

 

Collins says, “Women usually couldn’t be seated alone.”

They couldn’t be given a spot in a restaurant by themselves without any one accompanying them.

This is the passive usage of ‘seat’. You will also hear waiters say, ‘Please wait a moment. I will seat you as soon as I can.’

 

10.Women

かつての同僚は、man, men, woman, womenの発音が正しくできないと言っていました。

mǽn

mén

wúmən

wímin

4つとも全く違いますので混同することはないと思います。

 

11. Scandalous

It was seen as almost scandalous.

日本語のスキャンダルとは少し違う意味ですね。発音は[skǽndələs]

 

12. Get a table

If you get a table, the maitre d’ would seat you in an out-of-the-way spot near the kitchen.

日本語だとseatですね。

 

13. Seat you in

Pencil someone inという表現もあります。鉛筆で自分の手帳に誰かと会う予定を書き込むイメージですね。

 

14. Book dinner reservations for one

I recently read that the number of people booking dinner reservations for one in the U.S. has risen by more than 60 percent in the past couple of years.

これもキーワードです。

 

15. Rise by

riseの発音と動詞の変化を確認しておきましょう。raiseと混同している人はそれも明確にしておきましょう。

rise[ráiz]

rose[róuz]

risen[rízn]

raise[réiz]

また、具体的にどれだけ増加したかを示すための前置詞はbyを使います。

 

16. Sit opposite an empty seat

People no longer think it’s a problem to sit opposite an empty seat.

これもキーワードです。

opposite[ɑ́pəzit]の発音を確認しておきましょう。

 

17.今日の私の収穫

Table for oneに関するキーワード全て

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・
  3. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …

関連記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 22 (1) go outは外出するだけではありません

    残業についてですが、MAG2NEWSのこの記事では、残業をなくすには「…

  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 20(1) intuitiveの発音は難しいですか?

    何か新しいことを学ぶときに、自分の参照枠でフィルターをかける人と、素直…

  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 10 (3)_Incentiveはご褒美か?

    今年の夏休みはどれくらいとられるのでしょうか?11日から16日までとい…

  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 19(2) promoteはどう発音しますか?

    来年の2月には温泉宿に行こうかなと計画しています。旅館に着くと、たいて…

  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 13 Hoarding Disorder (1)_使う機会があるかどうか condol…

    10月号が発売されましたので今日から解説を再開したいと思います。8月末…

  6. 実践ビジネス英語

    Lesson 9 (2)_有給を取る権利がある be entitled to

    この週末1泊2日で和歌山へ行ってきました。前から興味のあったSUPは今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 11 Pay It Forward (4)_否定で強調
  2. 8月号

    2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (…
  3. 実践ビジネス英語

    Lesson 21 (1) 偶然あの人にbump intoしました
  4. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 15 Embracing Sustainabil…
  5. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (4) その1
PAGE TOP