2016年12月 Lesson 18 Table for One (1) その1

実践ビジネス英語でスピーキング

 

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

1. Table For:

This is from the title of our vignettes and you can use it when making reservations. You can call a restaurants and say, ‘Hello, I’d like to reserve a table for four at 8:00 PM on Friday.’

And this works in person to. You go into a restaurant and say, “Hello, table for two please?’

 

2. Do One’s Own:

Collins asks, “Do you do your own cooking, Shota?”

The implication here is doing something for oneself, by oneself, that many people have others do. Like, ‘She sows her own clothes.’ Or, ‘He makes his own lunch.’

It’s very common for people to buy clothes or to buy their lunch. So we’re stressing that the person does it themselves.

 

3. Now That:

Wu says, “Many hotels and restaurants are accommodating solo diners now that more and more people are eating alone.”

Now that: we now have this situation; this set of conditions so…

Things like, ‘Now that I have a higher salary I can buy some new furniture.’ Or, ‘I can take a vacation now that I’ve finished that project.’

 

4. Quite a Change From the Old Days:

Collins says, “It’s quite a change from the old days.”

Ah! The old days. I find myself using this phrase more and more lately. It means a long time ago when things were different.

For example, ‘Back in the old days I wrote school reports by hand.’ Or, ‘Back in the old days no one had cellphones.’

5. Like Wearing A Sign Around One’s Neck:

Collins says, “Eating by yourself in public used to be like wearing a sign around your neck that said, ‘I don’t have any friends’.”

When something is incredibly obvious because of our actions. We are not actually saying it, no one is saying it, but it’s clear from our actions.

 

1. これは便利な表現ですね。しかし、知らないとこんな簡単な表現もできないです。

 

2. これは解説不要でしょうか。

 

3. こちらも解説は不要ですね。

 

4. the old daysと冠詞のtheとdaysが副詞になっている事にも注目しておきましょう。

 

5. ネーティブがこういう言い方をするのかどうかわかりませんが、この様に言えれば、しっかりと英語を勉強しているという印象を与えるのではないでしょうか。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. オンサイト・レッスンに興味はありますか?
  2. Lesson 13 Hoarding Disorder (5) 散らかったモノは…
  3. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  4. 先生が何を話していたのか、後から文字で確認したくありませんか?
  5. ネイティブの先生しかいません

関連記事

  1. その他の語句の解説

    2017年3月 Lesson 23 Money Matters (2) その1

    impertinentを馴染みない単語でしょうか? …

  2. その他の語句の解説

    2016年8月Lesson 10 Jugging Work and Life (2)その2

    実践ビジネス英語でスピーキング NHK実践ビジネス英語のHeather…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 2017年

    Lesson 10 focus onですか?socialize inです
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 23 (4) ソウト?ソート?sortですか?soughtですか…
  3. 2017年

    2017年7月 Lesson 8 Heads Up! (2) その他の語句の解説…
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 12 (4) 確実に
  5. 実践ビジネス英語

    Lesson 8 (1) 中途半端ですが・・・
PAGE TOP