メールマガジン

2016年12月 Lesson 18 Table for One (2) その1

実践ビジネス英語でスピーキング

 

NHKラジオ実践ビジネス英語のHeather Howardさんの「その他の語句の解説」をディクテーションして皆様にお届けします。彼女の解説は非常にわかりやすいですね。これらが使えるようになれば、スピーキングの幅が広がると思いませんか?

1. Fastest Growing:

McMillan says, “Tables for one are the fastest growing party size in the restaurant business.”

They’re expanding, increasing at the fastest pace.

‘Country X has the fastest growing economy in Europe’, for example. Or, ‘City X is the fastest growing city in the United States in terms of population.’

 

2. Restaurateur:

Collins says, “Clever restaurateurs are doing things like installing counters where customers can watch chefs at work.”

A restaurateur is someone who manages or owns a restaurant and it’s very easy to get this one wrong. I often get it wrong myself. I say, restauranteur, from restaurant, but it is restaurateur. No ‘N’.

You could say, ‘He’s a very famous restaurateur. He owns two properties in New York and Paris.’

 

3. Watch Someone at Work:

Watch someone as they do their work, as they perform some task.

Internships let students watch professionals at work.

Or, years ago I visited an animation studio and I got to see real animators at work.

 

4. Chef:

In English we use chef about people who prepare sushi too.

We say like, ‘He’s a famous sushi chef in New York.’

There’s also a pastry chef, someone who makes desserts. And the sous chef, the S-O-U-S, the sous chef is the second in command in the kitchen.

 

5. Any Number of:

Wu says, “There are any number of reasons why people are dinning alone.”

There are many reasons, a lot.

You could also say, ‘They’re any number of restaurants around here.’ Or, ‘There are any number of ways to get to the airport.’

 

1. 読めば理解できる簡単な表現ですが、いざこう言おうとしたときに口から出てくるでしょうか?しっかり覚えて練習する必要があります。解説中のat the fastest paceも重要な表現ですね。

 

2. Heatherさんは、スペルを間違えやすいと指摘されていますが、私は正しく発音できるかどうかの方が重要ではないかと思います。[rèstərətə́ːr]です。entrepreneurはしばしば目にする機会もありますが、残念ながらアントゥレプレナーと発音している人が多いです。[ ɑ̀ːntrəprənə́ːr]です。

 

3. こちらは解説不要だと思います。

 

4. 長嶋さんの面白い逸話はいくつかありますが、寿司職人に「ヘイ、シェフ」と言ったらしく、それをネタにしていた某芸能人がいましたが、長嶋さんは別におかしなことを言っていたわけではないのですね。それを面白おかしく笑っていた人は英語の 知識がなかっただけではないでしょうか。

 

5. a lot ofが染みついていると、なかなか類似の表現が言えないものです。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. Lesson 13 Hoarding Disorder (5)_散らかったモノは…
  2. 2016年10月Lesson 13 Hoarding Disorder (1) …
  3. Lesson 10 (4)_皆さんも同じ気持ちだと思いますが・・・

関連記事

  1. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 17 Slow Living (1) その2

     実践ビジネス英語でスピーキング…

  2. メールマガジン

    2016年12月 Lesson 18 Table for One (4) その2

    実践ビジネス英語でスピーキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 20 (2) Pick up onは使えますか?
  2. 実践ビジネス英語

    Lesson 19(4) 陪審員はまだ戻ってきません
  3. メールマガジン

    2016年10月 Lesson 13 Hoarding Disorder(5) …
  4. メールマガジン

    2016年9月Lesson 12 Graying America (5)
  5. メールマガジン

    2016年9月Lesson 12 Graying America (3) その2…
PAGE TOP