公式問題集_Test 1_PART 7_196-200

 TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、そこからスピーキングに役立ちそうな語句をとりあげたいと思います。

この問題集はリーディングであるPART5からPART7の問題集です。そして、それらがTest1からTest5までと5回分あり、日本で販売されている問題集は2回分ですのでこちらを買う方がお得な内容です。ただし、解説はすべて韓国語ですので、解説は韓国語がわかなないと使えません。

本の写真をクリックするとAmazonのリンク先へ異動します。

 

196. Achieve

noticeを読むと、レストランスタッフへのお知らせである事がわかります。それなりのポジションの人が書いたと思われますが、具体的な名前はわかりません。そこで、その次のe-mailを読まなければいけません。HBS PhotographyからMr. Keel宛てのメールである事がわかりますので、(B)が正解です。

We have achieved so much since we opened, and you should all be very proud of this recognition.

noticeの最後の文章は、現在完了形が使われていますが、このまま覚えて様々な場面で使えるのではないでしょうか。

そして、このachieveは実践ビジネス英語でもしばしば登場しています。例えば、こちらのブログの3です。

 

197. Than usual

noticeの第2段落に、please plan to come in a bit sooner than scheduledとありますので、(A)が正解とわかります。それ以外の肢のようなことはどこにも記載がありません。

比較級の使い方も練習しておきましょう。大きいとか小さいは簡単に言えると思いますが、本文のsooner than scheduledや(A)のearlier than usualにも慣れておきましょう。

ちなみにscheduleの発音はこちらのブログの101を参考にして下さい。

 

 

198. Indicate

noticeを読んだだけでは、判断できないと途中で気づくと思います。

(A)はすぐに除外できると思います。(B)は先を読まないと判断できません。(C)、(D)もそうです。

articleを読むと、4つ目のパラグラフにレストランの内装の記載が見つかり、(B)が正解とわかります。

indicate [índikèit]は日常会話では使わないかもしれませんが、プレゼンや機械や装置を目の前にして使える単語ではないでしょうか?

 

199. Seasonally

お店の特徴についてですが、articleの第2パラグラフを読むと(D)が正解だとわかります。それ以外の肢はどこにもそのような記載はありません。

seasonally [síːzənli]は「季節によって」という副詞ですが、季節変動を示すのに重要な単語です。例えば、季節の影響を受ける商品の売上は季節によって差がありますがそれを示すときに使えます。例えば、スーツは夏場は売れません。

(B)のownership [óunərʃìp]はここでは経営者が変わったという事ですが、実践ビジネス英語の過去のテキストには以下のような例文がありました。重要な使い方だと思います。

There’s a danger of succumbing to the temptation of immediate self-gratification, instead of working hard for something like a home and enjoying the long-term benefits that come with ownership.

(NHK実践ビジネス英語2013年 5月号P26)

 

(C)のspecialize [spéʃəlàiz] inも重要です。前置詞のinを忘れてはいけません。focus onと混同しないように気をつけましょう。

 

200. Get over

第3パラグラフに彼女のコメントがあり、(A)以外の記載はありません。

get overは困難などを克服するという意味が重要ですが、否定形と一緒に用いて「喜ばずにはいられない、驚かずにはいられない」と言う使い方もします。

(D)のthoughtですが、これを「ソウト」と発音しないようにしましょう。[θɔ́ːt]です。

 

記事が気に入ったら
PBEブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Professional Business English

ピックアップ記事

  1. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  2. 2014年12月号 Lesson 18 Watch Out for Scams …
  3. 2015年3月号 Lesson 23 Golden Years in Latin…
  4. 実践ビジネス英語にこだわっていません
  5. ネイティブの先生しかいません

関連記事

  1. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 7_149-150

    TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、そこからスピ…

  2. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 5_118-125

    ここでは、 TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、…

  3. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 6_135-137

    TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、そこからスピ…

  4. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 7_153-157

    入社試験で韓国のサムスンを受けるためには、TOEICスコアが最低900…

  5. TOEIC

    公式問題集_Test 2_PART 5_125-130

    TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、そこからスピ…

  6. TOEIC

    公式問題集_Test 1_PART 6_131-134

    TOEIC先進国の韓国で発売されている公式問題集を用いて、それらを英会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ書籍

ピックアップ記事

  1. 実践ビジネス英語

    Lesson 4 (2) to不定詞は奥が深いです
  2. メールマガジン

    2016年11月 Lesson 16 Getting Things Done E…
  3. メールマガジン

    2017年1月 Lesson 20 Food Market Trends (1)…
  4. 実践ビジネス英語

    Lesson 6 (2) dateには役立つ使い方があります
  5. メールマガジン

    2017年2月 Lesson 22 Casual Dress Revolutio…
PAGE TOP